ゆきぽよ、自宅で『9ヶ月』も放置したカレーを振る舞う!本当に食べて大丈夫なの?

SNSで最新の記事を受け取る
タレント

11日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列)。

タレント・ゆきぽよこと木村有希さんの、自宅に訪問した今回の放送。

放送中、ゆきぽよさんが振る舞った手料理に、注目が集まっています。

ゆきぽよさんは、一体どのような料理を振る舞ったのでしょうか。

スポンサーリンク

ゆきぽよがカレーを振る舞う!まさかの9ヶ月放置!

11日夜に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列)。

この日は、独身芸人が女性タレントの自宅に足を運び、どのような生活をしているのか調査するという内容。

お笑い芸人の、ロッチ・中岡創一さんとアンガールズ・田中卓志さんが向かったのは、タレント・ゆきぽよさんの部屋でした。

一行が部屋の扉を開けると、虎の絵が描かれた大きい扇子と模造刀の「いかつい」オブジェがお出迎え。

「どうしたよコレ……」と、思わず声が漏れます。

恐る恐る室内に進むと、ここで番組恒例の冷蔵庫チェックが行われました。

冷蔵庫の中は、「いかつい」オブジェを飾っている割には、あまり物は入っておらず、しかもほぼ飲み物という状態。

するとここで、冷凍庫からタッパーに入った正体不明の料理が出てきます。

その正体を、ゆきぽよさんに質問すると、どうやらタッパーの中身は「カレー」とのこと。

しかし、表面は霜で覆われたそれは、どう見ても最近作られたものではありません。

「9ヶ月くらい前かな?」と、ずいぶん長い間、カレーを寝かせていたことを白状するゆきぽよさん。

唖然とする一行でしたが、ひとまず試食してみることに。

9ヶ月も冷凍庫の中で眠ったカレーを食べるのは、田中さん。

嫌そうな表情で、カレーを口に運びますが、瞬間「あー!」と悲鳴を上げ、カレーを吐き出しました。

田中さんが言うには、「カレーなのに刺激が全然ない」と、もはやカレーとは別の食べ物になっていると表現。

カレーを作ったゆきぽよさん本人も、試しに1口食べると「やばい!やばい!」と、カレーを吐き出します。

そして、「いつもはこんなんじゃないのに……」と不思議そうでしたが、一体カレーの中で何が起きたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

冷凍庫のカレーは2週間が限界?上手に保存するには?

冷凍庫で、カレーを9ヶ月間も寝かせていたゆきぽよさん。

これを観ていた視聴者からは、

「さすがに9ヶ月はアカン」

「お腹こわしそう……」

と、9ヶ月のカレーに不安の声が上がりました。

一方で、「私も、カレー寝かせたまま忘れることある」と、ゆきぽよさんと同様にカレーを放置してしまう、という人も。

では、冷凍庫で保存したカレーの賞味期限はどれくらいなのでしょうか。

カレーを上手に保存するコツは、冷凍されるまでの時間にあるようです。

カレーを作ってから、すぐに冷凍し、完全に冷凍されるまでの時間が短ければ短いほど、カレーの賞味期限は長くなります。

しかし、これは業務用の冷凍庫で保存した場合の話。

家庭用の冷凍庫では、業務用の冷凍庫に比べると冷却機能が弱いため、カレーの賞味期限は1ヶ月くらいだと言われています。

ただ、この1ヶ月という時間は、あくまでも目安のため、早めに食べるのが良いでしょう。

9か月間寝かせたカレーを口にした田中卓志さんとゆきぽよさん。

体に異変がなければいいのですが……。

(文:有馬翔平)

コメント

テキストのコピーはできません。