SNSで最新の記事を受け取る

ゆきぽよ、『ひとつ利口になりました!』でのキャンプ企画に批判殺到…命の危険に晒された出来事とは?

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

25日に放送された「ひとつ利口になりました!」(TBS系列)。

同番組に出演したタレント・ゆきぽよこと木村有希さんが、キャンプ体験に挑戦しました。

しかし、その様子に視聴者から「危ない」、「死ぬつもり?」と批判殺到する事態に。

視聴者が激怒した、その放送内容とは?

ad
スポンサーリンク

ゆきぽよの「キャンプ体験」に視聴者ガチギレ!「死ぬつもりか?」と批判殺到したワケとは?

25日夜に放送された「ひとつ利口になりました!」(TBS系列)。

この日、同番組に出演したタレント・ゆきぽよこと木村有希さんが、キャンプ体験に挑戦しました。

キャンプ技術をYouTubeで紹介しているYouTuberから、技術学んでいくゆきぽよさん。

木材の先を削って着火しやすくするキャンプの裏知識や、火おこしに役立つ便利グッズを次々紹介され、ゆきぽよさんは次第にキャンプをのめり込んでいった様子。

しかし、キャンプ体験の模様をテレビで観ていた視聴者からは厳しい意見が。

「危ないだろ!死ぬつもりか」

「普通に考えたら、そんな場所でキャンプしないから」

視聴者がゆきぽよさんらの行動に不安を感じた理由、それはテントを張った位置でした。

今回、ゆきぽよさんがキャンプ体験をした場所は山間部、すぐそばに川が流れる河原。

平常時にキャンプをする際、河原にテントを張ることは特に問題ではありません。

しかし、ロケが行われた日の天候は雨。

そのため、視聴者は川の水が急激に増量して起こる事故を心配したのでした。

実際、1999年に神奈川県内の玄倉川で起きた事故では、河原でキャンプをしていたグループが流され、13名の方が命を落としました。

いくらロケ地に適していると言っても、安全確保が第一優先なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ゆきぽよ、過去にも危険なロケを実行されていた

キャンプ体験のロケ地が危険だとして、批判が殺到してしまったゆきぽよさん。

しかし、ゆきぽよさんは過去にも同局のロケで、命の危険にさらされたことがありました。

先月に放送された「アイアム冒険少年」(TBS系列)に参加したゆきぽよさん、同番組は無人島からの脱出することをタレントで競い合う番組。

いつものギャルメイクを封印して臨んだゆきぽよさんでしたが、この日のロケも雨。

さらに、雷まで鳴り出す悪天候の下、行われました。

雷鳴が轟くと、「大丈夫?」と不安そうな表情を浮かべたゆきぽよさん。

それでもスタッフは誰一人として、撮影続行の可否を話し合わずカメラを回し続けたのです。

当時も、今回同様「危ない」と視聴者からの批判が殺到していました。

しかし、その時受けた批判は、同局に何も効果をもたらさなかったようです。

(文:有馬翔平)