SNSで最新の記事を受け取る

Sexy Zone・中島健人、『アカデミー賞』で流暢な英語を披露!ペラペラな理由がすごい

スポンサーリンク
ジャニーズ

10日(日本時間)、アメリカ・ロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」授賞式。

世界的に有名で、名誉ある賞のインタビューをするために、Sexy Zone・中島健人さんが、現地に足を運んでいますが、そこで中島さんのインタビューが注目を浴びています。

なぜ、中島さんのインタビューが注目を浴びているのでしょうか。

ad
スポンサーリンク

中島健人がアカデミー賞でインタビューを!英語がペラペラでファン驚愕!

10日(日本時間)に行われた「第92回アカデミー賞」の授賞式。

世界的にも有名な同賞、その歴史は1929年から始まり世界三大映画祭と数えられる「ベルリン国際映画祭」、「ヴェネツィア国際映画祭」、「カンヌ国際映画祭」よりも以前に、始まりました。

その名誉ある賞の授賞式を、インタビューをするため現地に足を運んだのは、タレント・河北麻友子さん、そしてSexy Zone・中島健人さんです。

ただ、現地の会話はもちろん英語。

河北さんは帰国子女で、英語はペラペラ話すことができますが、中島さんは英語を話すことができるのでしょうか。

しかし、いざインタビューが始まると、中島さんも見事な英語でインタビューをしていきます。

この中島さんの様子にファンからは、

「ケンティー(中島さんの愛称)、こんなに英語話せるの?」

「これにはびっくり」

「いつ話せるようになったの?」

と、驚きの声が上がっています。

 

スポンサーリンク

中島健人、英語の先生はマリウス葉?コツコツ勉強していた!

見事な英語でのインタビューを披露した中島健人さん。

しかし、これまで中島さんは海外に住んでいたことはおろか、留学した経験もありません。

では、どうやって中島さんは英語を身につけたのでしょうか。

中島さんが英語に興味を持ったのは、小学生の時。

当時、中島さんのクラスに、オーストラリアからやってきた友人がおり、その友人が話す日本語以外の言語を聞いた時に、「自分も話してみたい」と思ったのがきっかけでした。

それから英会話教室に通いだしますが、担当になった講師との相性が悪く、長続きはしませんでした。

そして数年後、ジャニーズ事務所に入所すると、当時事務所の社長だったジャニー喜多川さんが、英語で会話しているのを聞いて、再び勉強に意欲がわきます。

以前、雑誌のインタビューで中島さんは「英語を学ぶにはテキストで勉強するより、会話をする方が大切」と答えています。

そこから、時折Sexy Zoneのメンバーであるマリウス葉さんに、先生をしてもらって英語力を磨いていったそうです。

このインタビューから中島さんの努力が、ついに実を結んだことが証明されました。

(文:有馬翔平)