嵐・櫻井翔、独特の作詞方法を公開!集中しすぎて「ショー・サクライ」とメンバーにイジられる

スポンサーリンク
ジャニーズ

23日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系列)。

放送中、嵐・松本潤さんが、メンバーである櫻井翔さんの作詞方法を明らかにしました。

普段の櫻井さんからは考えられない作詞方法に、SNSでは注目が集まっています。

ファンも驚く、櫻井さんの作詞方法とは一体何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

櫻井翔、独特のリズム感で名曲「BRAVE」を作詞!

23日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系列)。

この日、太田プロダクションに所属するタレントを招いてゲームに臨んだ同番組。

放送の中で、ゲストチームにいた指原莉乃さんは、嵐のメンバーにどうしても聞いておきたいことがありました。

それは度々、嵐のメンバーが作詞を手がけることです。

指原さんは、その歌詞をどうやって考えているのか、長年疑問に思っていました。

すると、その疑問に答えたのが嵐・櫻井翔さん。

「頭の中に1個の写真が出てきて、それを文字に起こしていく感じ?」

しかし、櫻井さんの回答は、「オシャレ過ぎて私には無理だな……」と、指原さんにはあまり響かなかった様子。

そんな指原さんを見ていた松本潤さんは、櫻井さんが「ある方法」で作詞をしていることを明らかにしてしまいました。

それが、体でリズムを刻むことでした。

撮影などの休憩中、櫻井さんはイヤホンをして音楽を聴いているそうです。

静かに聞いているだけなら。問題ないのですが、櫻井さんは音楽に合わせて体でリズムを取っていまいた。

そのため、さらに音楽が激しくなっていくと、櫻井さんの動きも一層激しく。

全身でリズムを取っていた櫻井さん。

ノリにノッテいたため、外部の音が聞こえず、休憩の時間が終わっていたことに気づかなかったよう。

メンバーから声をかけられても気づかず、最終的には「ショーサクライ、呼ばれているよ」と、メンバーにいじられて、初めてわかったようです。

しかし、この方法で昨年発売された「BRAVE」、そのラップ部分の作詞が、完成しました。

この制作秘話にはファンも、

「さすが、ショーサクライ」

「そんな方法で作詞できる?」

と、櫻井さんのまさかの作詞方法に驚いた様子でしした。

ラップが得意の櫻井翔さん、作詞もまずは形から入らなければ書けないということでしょうか。

(文:有馬翔平)

コメント

テキストのコピーはできません。