SNSで最新の記事を受け取る

3時のヒロイン・福田麻貴、ネタ作りを公開!大谷翔平も愛用の『マンダラート』とは?

スポンサーリンク
お笑い芸人

20日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列)。

昨年の女性芸人のナンバーワンを決める「THE W 2019」で、優勝したお笑いトリオ「3時のヒロイン」。

その「3時のヒロイン」のネタ作りをしている福田麻貴さんが、ネタ作りの際に使用している「あるもの」を公開し、注目を集めています。

福田さんが使用している「あるもの」とは、一体何なのでしょうか。

ad
スポンサーリンク

福田麻貴がネタ作りを公開!「マンダラート」とは?

20日夜に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列)。

この日、登場したのはお笑いトリオ「3時のヒロイン」・福田麻貴さん。

「3時のヒロイン」といえば、昨年末に放送された女性芸人の頂点を競う「THE W」で、2019年のナンバーワン女性に輝いたトリオです。

「THE W」の決勝で披露したネタ「アッハーン」は現在、小学生の間で流行するという人気を見せています。

そのネタを考えたのが福田さんです。

福田さんは、高校は地元大阪の進学校・住吉高等学校、大学は関西地方の名門・関西大学の商学部を卒業している高学歴の持ち主。

そのネタを作る才能は、吉本興業所属のアイドル「つぼみ大革命」のイベントやコントの脚本を担当するなど、多くの場面で発揮されています。

今回、「人生が変わる1分間の深イイ話」で福田さんは、そのネタ作りの方法を公開しました。

福田さんがネタ作りの際に使用している方法、それは「マンダラート」。

「マンダラート」とは、アイデアを整理する方法の1種。

「3×3」のマス目の中央にやらなければならない作業を書き込み、その周りに作業を達成するために必要なものを記入していき、同じ作業を繰り返すことで、仏教の「曼荼羅(まんだら)」のように見えることが、名前の由来となっています。

「マンダラート」は現在、アメリカ・メジャーリーグで活躍している大谷翔平さんが、花巻東高校に在学中に使用していたことでも知られています。

この方法で、女性芸人の頂点に輝いた福田さん。

福田さんのSNSには、「早速、使ってみました」と、報告するファンが続出。

福田さんや、大谷翔平さんと、成功者が使っている「マンダラート」。

「人生が変わる1分間の深イイ話」を観て、「マンダラート」を使い始めた人から、また新しい才能が生まれるかもしれません。

(文:有馬翔平)