文:服部慎一

眞栄田郷敦、結婚相手の妻は誰?嫁は幼馴染で中学〜高校で片思いの女性か?

眞栄田郷敦俳優・女優
画像 時事通信フォト
スポンサーリンク

俳優の新田真剣佑さんを兄にもち、千葉真一さんを父親にもつ眞栄田郷敦さん。

22日、千葉さんの誕生日に兄弟揃って結婚を発表しました。

眞栄田郷敦さんの結婚相手の妻とは、誰だったのでしょうか。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦のプロフィール

名前:眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)

生年月日:2000年1月9日

出身:アメリカ

身長:183㎝

血液型:B

趣味:探し中

特技:サックス

眞栄田郷敦、俳優。2019年公開の映画「小さな恋のうた」に出演し、俳優デビュー。

2021年公開の映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」同年公開の映画「東京リベンジャーズ」で第34回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞  石原裕次郎新人賞を受賞。

ドラマでは、2019年放送のドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)でテレビドラマ初出演。

以降、2021年放送のドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)2022年放送のドラマ「エルピス-希望、あるいは災い」(フジテレビ系)など多数出演。俳優として知名度をあげる。

2022年公開の映画「カラダ探し」で橋本環奈とともに主演を務める。

2021年に出演した情報番組「ラヴィット!」にて桃アレルギーであることを明かしている。

スポンサーリンク

眞栄田郷敦、結婚を発表!相手の妻に関しては公表せず

22日、俳優の眞栄田郷敦さんが結婚を発表。

兄である新田真剣佑さんと共に、同時に結婚を発表しました。

真剣佑さんの結婚に関してはこちら→新田真剣佑、結婚相手の妻は誰?嫁は元子役で女優の経験も

眞栄田郷敦さんは、書面を通じて「私事で大変恐縮ではございますが、この度、私、眞栄田郷敦は結婚致しましたことをご報告させていただきます。」と報告。

加えて、「俳優という仕事を始めさせていただいてからおよそ4年、まだまだ学ばなければならないことの多い未熟者ではありますが、より一層精進して参ります。今後とも、変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます」と、つづっていました。

眞栄田郷敦さんは、父である千葉真一さんの誕生日である1月22日に兄と一緒に結婚を発表。

お相手に関しては、一般人ということで詳細などは一切明かされていません。

眞栄田郷敦さんの結婚をめぐり、ネット上からは

《最近私の好きな人どんどん結婚してる! しかもみんな電撃婚でも郷敦は昔から結婚早くしたいって言ってたから嬉しい!おめでとうございます》

《真剣佑はいい 郷敦もなのか、、、、おめでとう、、、》

《ゆきほの好きな真剣佑と郷敦がw結婚…. 今年結婚ラッシュで泣きたい》

《えええ真剣佑くんと郷敦くん お父様のお誕生日に兄弟揃ってご結婚だなんてすごい!おめでとうございます…!!!》

《前田郷敦さんと新田真剣佑さん 同日に結婚発表て… てかその二人と結婚できる人一般人とは呼べないやん絶対。》

《マッケンと郷敦くん結婚おめでとう(*^^*)2人同士に結婚するとわ!びっくり》

などと祝福の声が寄せられています。

眞栄田郷敦の結婚相手の妻は誰?好きなタイプも判明

眞栄田郷敦さんの結婚相手は誰なのでしょうか。

これまで恋愛スキャンダルなどなく、あまり女性関連の噂がない眞栄田郷敦さん。

芸能界では交際している女性などはいないものの、自身が中学時代〜高校時代まで好きになった女性がいたそう。

彼女は明るい性格でよく喋る女性だったそうですが、実際は交際しておらず、眞栄田郷敦さんの片思いだったそう。

今回、眞栄田郷敦さんの結婚相手の妻に関しては一切情報明かされていませんが、一般女性ということで、この片思いだった女性と結婚をした可能性も捨てきれません。

ちなみに、眞栄田郷敦さんの好きなタイプは「常識のある人」、「内面のキレイな人(性格の良い人)」、「笑顔が素敵な人」、「一緒にいて楽な人」、「色白で薄い顔」なのだそう。

昨年10月に放送された「グータンヌーボ」(カンテレ)に出演した眞栄田郷敦さん。

「恋人とアイス&飲み物をシェアできる?」というトークテーマの中、「アイスも余裕…むしろください」と、恋人とはシェアをできるという積極的な意見を語り笑いを誘うという場面もありました。

詳しくはこちら→筧美和子「舐めたくない」恋人とのシェアをめぐり持論を展開

さらに、同番組内では「(彼女に)『もう大丈夫』って言われたことあります」などと、交際相手についても言及。

このことから、眞栄田郷敦さんの結婚相手の妻は、アイスや飲み物のシェアも苦にせず、常識のある笑顔が素敵な色白の薄い顔の女性なのでしょう。

この女性の理想像は、もしかすれば幼なじみで中高で好きだった女性を思い浮かべているのかもしれません。

(文:服部慎一)