シソンヌ長谷川、バイト時代に遭遇した神田うのをめぐり「酔っ払いすぎて一番うるさかった」と暴露

文:Quick Timez 編集部
長谷川忍お笑い芸人
スポンサーリンク

画像:時事

・お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍さんが16日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演しました。

・下積み時代にダウンタウンが「NSCに入るやつはダサい」という発言を真に受けてNSCに入らず、ショーパブでバイトをしていたというエピソードを告白。

・またそのショーパブに秋元康さんが来店した際のエピソードにも注目が集まっています。

スポンサーリンク

シソンヌ長谷川、NSC入学をめぐりダウンタウンの発言を真に受ける

お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍さんが16日放送の番組『あちこちオードリー』に出演。

下積み時代にダウンタウンが口にしていた「NSCに入るやつはダサい」という発言を真に受けて、NSCに入らず、ショーパブでバイトをしていたというエピソードを告白していました。

吉本興業のお笑い養成所であるNSCに26歳で入学したという長谷川さんは、7歳下のパンサーの向井慧さんとも同期だといいます。

NSCに入学するまでは別のコンビで活動していたという長谷川さんは「20歳の時に東京出てきて、当時ダウンタウンさんが『NSCに入るのはダサい』みたいな話をしていたんですよ。それを真に受けて入っちゃいけないもんだと思っていたんですよ」とダウンタウンの影響でNSCの入学に踏み切れなかったことを告白。

続けて「それからショーパブでバイトするようになったんですよ。山本高広さんとかが出演するところでMCみたいなのをやって。そこで知り合った人とコンビ組んで吉本興業にネタ見せにいったら『ライブ出てみるか』って言われたんですよ」と発言。

そのライブで1位を獲得し「ルミネtheよしもと」に呼ばれ出演するようになったのだそうです。

ただ、その当時に組んでいた相方が突然「競争がいや」という理由で地元に帰ってしまったとのことで、1人になった長谷川さんはバイト先であるショーパブの店長さんから入学資金を借りて、26歳にしてNSCへの入学を決意。

番組MCのオードリー若林正恭さんから「ダウンタウンさんの発言を真に受けていなかったらNSCに早めに入っていたんですね」と言われると「すぐ入っていました」と即答し、スタジオの笑いを誘っていました。

スポンサーリンク

ショーパブに来る芸能人について「酔っ払いすぎた神田うのが一番うるさかった」

ショーパブは芸能人が頻繁に遊びに来ていたようで、女優の米倉涼子さんもショーパブが好きだと噂になるほど。

芸能人御用達だった麻布十番のショーパブでバイトをしていたという長谷川さん。

「本当に秋元康さんが来て、『AKB48という新たなプロジェクトをやるからライブをやらせたい』とショーパブを参考にするため見に来ていた」と発言。

秋元さんはのちにAKB劇場となるライブ会場の参考にするため、各地のショーパブを視察していたようです。

また、長谷川さんは「ショーパブに来ていた芸能人の中で酔っ払いすぎた神田うのさんが一番うるさかった」と発言。

これには若林さんも「俺たちどういう顔すればいいんだよ」とツッコミます。

長谷川さんは、その時の神田さんについて「ずっと『なにこれー?なにが面白いのー』って言っていた」と暴露し、笑いを誘っていました。

(文:Quick Timez 編集部)