文:Quick Timez 編集部

広瀬すず、新ドラマの評判での九州の方言に視聴者「内容が入ってこないレベルの違和感」

広瀬すずTV番組
画像:時事通信フォト
スポンサーリンク

17日に放送された「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系列)もヒロインの広瀬すずさんが出演しました。

九州から婚約者を追いかけて東京に上京した役柄を演じていますが、広瀬さんの話す方言に違和感を感じる視聴者からの書き込みが殺到しました。

スポンサーリンク

広瀬すず、新ドラマは令和版ロンバケ?方言に違和感感じる視聴者続出「内容が入ってこないレベル」

17日に放送された「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系列)。

ヒロインの広瀬すずさんが出演しました。

広瀬さん演じる空豆は、九州・宮崎県から幼なじみの婚約者に会うため夜行バスで上京する田舎娘ですが、上京早々に「他に好きな人ができた」とあっさり振られてしまいます。

婚約者との学生時代の思い出を回想するシーンでは、空豆が鹿児島県でよく使われている「わっぜ」と発し、「すごく」の意味であると説明。

他にも、宮崎県で「ありがとう」を意味する「あいがとぐわした」など、九州の様々な地方で使われているセリフが多用されました。

劇中で、空豆は「ばあちゃん長崎で、じいちゃんが宮崎で。おい(鹿児島の方言で『私』の意)の言葉は長崎と宮崎のちゃんぽんさぁ」と説明。

一括りに九州といっても、南北に広く県ごとに文化や言葉遣いは大きく異なるため、視聴者からは

《方言指導とか付いてるの?? 》

《えっ?あれ九州出身の設定? 九州人としては受け入れられない》

《怒るとかじゃなくて内容が入ってこないレベルの違和感》

《宮崎弁?イントネーション違い過ぎてわからず》

など、その違和感しか感じられない方言に拒否反応を示した書き込みが多数寄せられました。

スポンサーリンク

ロンバケ+逃げ恥=夕暮れ

今回、少しガサツでおてんばな演技を披露した広瀬すずさんと、広瀬さんに振り回される青年・音役を演じた永瀬廉さん(King & Prince)が紡いでいくラブストーリーですが、音は音楽の道を志し日々努力している役柄で、物語の終盤でひょんなことから一つ屋根の下で暮らす展開となりました。

女性が男性にふられ、音楽系のアーティストと同居するというストーリーは

《元気な女と振り回される男。 婚約破棄されて一緒に暮らすって令和版のロンバケ》

《なんだかロンバケ感》

《てか夕暮れ、ロンバケと同じやん キムタクピアニスト 廉くんアーティスト 相手は結婚破談にされたはちゃめちゃな人》

などの書き込みも見られたように、1996年に月9枠で放送され、大ヒットとなったドラマ『ロングバケーション(※略称ロンバケ)』(フジテレビ系列)とほぼ同内容であるという指摘が殺到。

また、エンディングではKing & Prince の楽曲「Life goes on」に乗せ、空豆と音の楽し気な同居生活が映し出されると共に二人でダンスを踊るシーンもあり、新垣結衣さんと星野源さんが出演した『逃げるは恥だが役にたつ』(2016・TBS系列)のエンディングを彷彿した視聴者が多かったようです。

いずれのドラマも社会現象化したほどの大ヒットドラマとなっており、今作もTVerのお気に入りランキングの第一位。

期待値高めのドラマが始まりました。

(文:Quick Timez編集部)