文:Quick Timez 編集部

中川翔子、ドラクエ愛を語りながらイラスト描く姿に絶賛の声「才能羨ましい」

中川翔子タレント
画像:時事通信フォト
スポンサーリンク

16日に自身のYouTubeチャンネル「ヲ」を更新したタレントの中川翔子さん。

わずか30分でドラゴンクエストの歴代主人公を描きまくり、視聴者たちを唸らせました。

スポンサーリンク

中川翔子、ドラクエ愛を語りながらイラスト描く姿に絶賛の声

16日に自身のYouTubeチャンネル「ヲ」を更新したタレントの中川翔子さん。

中川さんはこの日「【イラスト】30分でドラクエ歴代の主人公を描きまくってみた!」のタイトルで動画を公開します。

いつもの口ぶりでドラクエ愛を語り、「ドラクエのファンクラブにイラスト送って載ってたりしたな」、「手がまだ覚えてるはず」と、ご機嫌な様子でイラストを開始。

30分という限られた時間だけに、全員描くのは厳しいと判断しますが、スタッフと思い出話が盛り上がるも漫画家の「鳥山明タッチ」風に描き始めます。

お手本を見て良いというルールを設けましたが、およそどこに何を描くかだけを決めて下書きをすることなくどんどんと1つのキャラクターをわずか2分程度で描き上げる中川さん。

ドラクエの話をしながらも手を休めることはなく、順調そのものです。

大好きなドラクエシリーズについては話題が尽きることがないらしく、男性アイドルグループ・TOKIOの元メンバーだった長瀬智也さんに「絶対フローラですよね。当たり前ですよね」と話したところ「ビアンカだろ、何言ってんだ」とガチで怒られ喧嘩したというマニアぶりがよく伝わってくるエピソードを披露します。

白い画用紙にあった余白はⅠ〜Ⅺに出てくるキャラクターをしっかりと描き切り、他にもアリーナ・ビアンカ・フローラ・ホイミン・はぐりん・スラりん・キングス・フラりん・スライムベスなど、30分で主人公11キャラ+α。

中川さんは「体まで描きたかった」と残念そうですが、スタッフからは感嘆の声が上がります。

視聴者からも

《下書き無しなのが凄すぎる》

《ご本人の様に、スラスラ描けちゃう才能羨ましい》

《アタリ無しでここまでバランスよく描けるの凄すぎる》

《話しながらササっと描いてるの凄すぎる》

《配置を一瞬で考えて綺麗に置いて描いていくのは凄いの一言!!》

など、大絶賛の書き込みが寄せられています。

スポンサーリンク

中川翔子のドラクエ話についていけるオタが多数視聴

今回、大好きなドラクエのイラストを描くということで、話が尽きなかった中川さん。

「もっと喋りたかった」、「それぞれ思い出がある」、「まだまだ描ける、思い出があるもん」と、まだ埋められることからエキジビジョンタイムをもらい、余白内へ入念にイラストを埋めていきます。

完成したイラストに「色を塗りたい」と愛着を見せ「楽しいね」と、お絵かきへの感想を笑顔で語り、初めて描いたキャラクターがいたそうですが「楽しかった」とのこと。とは思えないほどの出来栄えに。

アニメオタ、ゲームオタかつイラストがとても上手なことで知られている中川さん。

今までもアンパンマンキャラなどアニメや漫画のキャラを大集合させたイラストを動画で投稿し、人気企画となっています。

たくさんのイラストで自由に表現している中川さんですが、トークでもそのキャラクターへの愛がふんだんに込められており、それらについていけるドラクエオタクの視聴者の人々もとても感心した人が多くいたようです。

(文:Quick Timez編集部)