オリラジ中田「全然しっくりこないなと思いながらやってた」地上波出演を辞めた深い理由を明かす

文:Quick Timez 編集部
中田敦彦TV番組
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

10月26日放送の「あちこちオードリー」に、お笑いコンビ。オリエンタルラジオの中田敦彦さんが登場。

長い間人気を博していたオリエンタルラジオが地上波出演を辞めたきっかけについて語り、話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

オリラジ中田、地上波出演を辞めた深い理由とは

今回の「あちこちオードリー」のゲストはオリエンタルラジオの中田敦彦さん。

MCのオードリーの2人が聴きたいことが多すぎて、中田さんを質問攻めに。

大ブレイクした際のこと、暗黒時代のことなど、自身の芸能界生活を赤裸々に明かしました。

番組は冒頭、オードリーの若林さんが「よく出てくれたなと思って」と、中田さんの番組出演について語ります。

それもそのはず、中田さんは現在生活の拠点はシンガポールに移住をしており、さらに2020年にはテレビからの卒業を発表、ここ数年はテレビ出演の本数はめっきりと減っています。

しかし、オリエンタルラジオは2005年のデビュー後、「武勇伝」や「perfect human」など長い間テレビの世界で活躍。

では、どうしてテレビ出演をやめたのでしょうか。

そのきっかけは、オードリー・若林さんがMCを務める番組「しくじり先生」(テレビ朝日系列)の特番「中田歴史塾」だそう。

この番組で中田さんはMCを務めていました。

「僕の中で(この番組に)勝負してたんですよ。これでダメだったら俺に実力が無いんだと。それで自分の中で戦力外なんだなって感じがして。」

「MCになりたくてしょうがない奴なのになれないんだって思って。そこから半年~1年ほど、今までと同じようにロケやレギュラー番組をこなすようになっちゃって。そうしたら自分の中で辛くなっちゃった」と、深いワケを明かしました。

また「perfect human」でブレイクした際のことについて、「反則技でやってるやつなんですよ」「自分のやっていることは煙玉のようなもの」など、自身の活躍を分析。

「(ネタ番組にて)全然しっくりこないなと思いながらやってたじゃないですか。だからオードリーさんとかほんと眩しかったんですよ」と、オードリーを羨ましく思っていたことも告白していました。

スポンサーリンク

自身の慶應卒は邪魔?オリラジ中田が明かすお笑い界での価値観

今回の「あちこちオードリー」で、自身が地上波出演を辞めたきっかけを明かした中田敦彦さん。

さらに吉本興業で居づらかった理由を語り、話題になりました。

番組は中盤を迎え、”中田の意外な一面”というテーマに。

中田さんは、「大学が良い悪いとか、お笑い入ると裏返るじゃないですか。最大の正解がダウンタウンさんだから、成り上がっていかないと。」と、出身大学の善し悪しは関係ないとしたうえで、「吉本で高学歴なんか邪魔でしょうがない」と、自身が持つ高学歴を否定する衝撃の暴露。

中田さんが所属していた吉本興業では、高学歴の芸人は好かれないようです。

(文:Quick Timez編集部)