当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

小川彩佳アナ、小泉進次郎氏に困惑…ポエマー発言に「ゴミを見るみたいな目で見てる」の声

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事

23日に放送された「NEWS23」(TBS系)。

政治家の小泉進次郎さんが登場しましたが、そこでの発言内容がネット上で話題となっています。

どのような発言があったのでしょうか?

スポンサーリンク

またも“ポエマー”発言で小川アナも困惑…

23日に放送された「NEWS23」(TBS系)。

1989年から長らくJNN系列にて生放送している平日最終枠の報道番組。

番組開始時から2008年まではメインキャスターを筑紫哲也さんが務めたことでもおなじみでしたが、2019年からはフリーアナウンサーの小川彩佳さんが同役を務めています。

この日の放送では、日本時間の22日夜から行われた『気候変動サミット』で日本が掲げた目標などについて、環境大臣である小泉進次郎さんにメインキャスターの小川アナが単独インタビューを行った内容が放送されました。

今回のサミットで政府は、2030年までの温室効果ガス削減目標について、2013年度に比べて26%減としていたこれまでの方針を大幅に引き上げ、46%減とする方針を示したことで大変話題となりました。

この大幅な方針の変更について言及された小泉環境相は46%減という数字の目標について、「くっきりとした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです。“46”という数字が。シルエットが浮かんできたんです。」と、得意の“進次郎節”を炸裂させ、これには小川アナも困惑の表情を見せてしまいます。

小泉環境相といえば、以前の2019年に行われた気候行動サミットでも「気候変動問題に取り組むことはきっとセクシーでしょう」と英語で述べたことで、国内外で波紋を呼んだ人物。

あえてお洒落な言い方をしようとするその姿は“ポエマー進次郎”と揶揄され、ネット上でも度々非難の的となっています。

スポンサーリンク

視聴者からはまたも批判の声が爆発

公の場で発言をするたびに、その不適切な表現や的外れな意見が炎上を生んでいる小泉環境相。

今回の単独インタビューの内容を実際に見ていた番組視聴者からももちろん、

≪小泉進次郎ほっといたらマジでクソヤバいのではないか≫

≪小泉進次郎さん、もう口を開かない方がよろしいのでは…笑≫

≪小泉進次郎の「おぼろげながら浮かんできたんです、46という数字が。シルエットが浮かんできた」という発言には、情けなさと恥ずかしさで涙が出そうです。≫

≪小泉進次郎って残念ながら自分が無能なことに気づいていない無能なので、そういう人はきっとどんな人が何を言っても何も響かない。≫

≪3日後には何喋ったかも忘れていそうな本物の馬鹿≫

≪小泉進次郎のおぼろげ発言はセクシーと並ぶ意味不明。≫

と、発言へのバッシングが大量に寄せられていました。

また、インタビューをした小川アナの顔が引きつっていたことから、

≪進次郎ほんとに頭やべーやつだな。小川アナがゴミを見るみたいな目で見てる≫

≪小川彩佳アナ、めっちゃ困惑してる。てか、すごい目で見てるな≫

≪小川アナが進次郎に「何言ってんの?」みたいな冷ややかな顔してて草≫

など、小川彩佳アナの顔に関しても意見が寄せられていました。

さらに翌日にはインターネットテレビの別番組で、「46%の発言が炎上しているけど、受け手側にちゃんと伝わってないみたい。」と、釈明していた小泉環境相。

あまりにも国民の求めるものと逆の動きが多いため、この発言もまた“火に油”になりそうですね。

(文:Quick Timez編集部)