藤本敏史「夫婦で仕事をし出すと危険」芸能界を生き残るための教訓を明かす

文:Quick Timez 編集部
藤本敏史お笑い芸人
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

・10月12日放送のあちこちオードリー(テレビ東京)に、FUJIWARAの藤本敏史さんが登場。

・芸能界に長く生き残るための格言を語り、番組を盛り上げました。

スポンサーリンク

藤本敏史「夫婦で仕事をし出すと危険」教訓を明かす

10月12日放送された「あちこちオードリー」(テレビ東京)。

この日の同番組では、「特別企画の第4弾!私の教訓どうですか?芸能界が生きやすくなる参考書を作ろう!」という企画が放送され、ゲストにFUJIWARAの藤本敏史さん、サンシャイン池崎さん、モデルのみちょぱさんが登場。

それぞれが持つ、芸能界を上手く生きていくためのを教訓を明かしました。

番組は中盤を迎え、藤本さんが持つ格言がトークテーマに。

その格言とは、「夫婦で仕事をし出すと危険」という自信を反面教師にしたような格言。

これにはタジオからは笑い声が起きますが、藤本さんは、「俺のことじゃない」と主張。

藤本さんは、タレントが結婚して夫婦でテレビ出演をすることのデメリットとして、「旦那の本業が疎かになる」と続けます。

その理由は、夫婦でテレビに出ると家庭に入ってくるギャラが2倍になるため、本業のスキルが衰えてしまうからというもの。

「芸人だとどんどん面白くなくなる」と明かしました。

自身はどうしていたのかと尋ねられると、「仕事を選ばしてもらってた。元嫁がやってるレギュラー番組だったら出るとか。」と、お笑い芸人としての本業はしっかりとこなしていたとしつつ、「BISTRO SMAPとかは出たよ」と、大きい番組にはしっかりと出演していたことを暴露。

これには「しっかり選んでるな」とツッコミが入っており、スタジオは笑いに包まれました。

スポンサーリンク

藤本敏史「芸歴を重ねれば重ねるほど隙を作れ」

「夫婦で仕事をし出すと危険」という格言を残した藤本さんですが、番組の終盤で、更なる格言を残しました。

それは、「芸歴を重ねれば重ねるほど隙を作れ」というもの。

歳を重ねるごとに、後輩から失礼なことを言われても何も気にせず、むしろドンドン来い!という気持ちになったそう。

生き残っていくためには、そのような心意気が大切だと語る藤本さん。

隙を作るためには、「話しかけること」が大切なようで、後輩があいさつに来た時に絶対に”ひと絡み”することを心がけているそう。

最近は後輩から、「この前の番組、藤本さんめちゃくちゃスベってましたね!って言われるくらいが丁度いい」と語り、心は寛容になっているとのことです。

みちょぱさんは、「(藤本さんは)いじってOKみたいな感じで、めちゃくちゃありがたい」と、藤本さんをべた褒めしていました。

今芸能界で長く生き残っている藤本さんですが、こうした格言をさらに聞いてみたいものです。

(文:Quick Timez編集部)