宮田愛萌、卒業の本当の理由は何?今後は図書館の司書として活動?

文:服部慎一
日向坂46アイドル
日向坂46 時事
スポンサーリンク

画像:時事

アイドルグループ・日向坂46の公式サイトが7日に情報を更新。

メンバーである宮田愛萌のグループ卒業を発表しました。

宮田愛萌さんの卒業理由とは何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

日向坂46・宮田愛萌、グループ卒業を発表

7日、アイドルグループ・日向坂46の公式サイトが情報を更新。

メンバーである宮田愛萌さんの卒業を発表しました。

同グループは公式サイトを通じ、「宮田愛萌ですが、先ほど本人のブログにて発表させていただいた通り、日向坂46から卒業することになりました。 具体的な卒業時期等に関しましては、決まり次第ご報告させていただきます。」と、報告。

加えて、「また、これに伴い、今週末から開催される全国アリーナツアー「Happy Smile Tour 2022」には不参加となります。楽しみにされていたお客様には、大変深くお詫び申し上げます。 今後とも、宮田愛萌、日向坂46の応援のほど宜しくお願い致します。」と、コメントを残していました。

宮田さんは、東京都出身で1998年4月28日生まれの24歳。

2017年、日向坂46の前身であるけやき坂46の追加メンバーオーディションに合格をし、メンバー入り。

その後は、けやき坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」で2列目に抜擢されるなどの活躍を見せており、同グループの冠番組では「メンバーが選んだぶりっ子メンバーランキング」で2位に輝くなどし共演者やファンからも注目を集めてていました。

一方、体調面の不調を理由に2020年には活動を休止。

翌年に大学を卒業し、活動を再開していましたが、この度卒業をすることとなりました。

スポンサーリンク

宮田愛萌、卒業の本当の理由は何?今後は図書館司書として活動?

宮田さんが同グループを卒業した理由は何だったのでしょうか。

同日にブログを更新した宮田さんは、「一番大きな理由としては、体調面です。 アイドルというのは案外ハードなお仕事です。 もしかするとアスリートの方々並みに体力を必要とするかもしれません。 そんな中で活動していくには、私の体は少し前からついていけなくなっていました。」と、コメント。

加えて、「ライブでは曲数を絞ったり、振り入れにみんなと同じように参加できなかったり、 そんなことを繰り返していき、 スタッフさんとお話して卒業を決めました。これ以上メンバーのみんなに迷惑をかけたくない、 というのが正直な気持ちです。」と、理由について明かしています。

宮田さんは前述の通り、2020年に体調面を理由に休業をしており、体調が不安定な時期が続いていました。

一度復帰はしたものの、今回グループとして活動をしていくのに支障をきたすと考えたことから、卒業という選択を取ったのでしょう。

また、宮田さんは「たくさんの人に本の面白さをもっともっと知って欲しいという夢」があるとした上で「高校生のころに憧れたみたいに、 図書館司書になってたくさんの人に本を紹介してみたいなとか。 大学に入ったばかりの頃に憧れたみたいに、 出版社さんで本を作ったり売ったりしてみたいなとか。 アイドルになってから憧れたみたいに、 本屋さんで実際に本を売ってみたいなとか」と、今後の活動についても言及。

「他にも取次をしたり、製本をしたり、 もしもできたら、全然わからないけれど 書き手として関わるという関わり方もあるかもしれません」と、本の執筆にも興味あることを記していました。

長い人生の中でアイドルという期間は短く、今現在は、これからの人生設計を考える時期なのでしょう。。

華やかな芸能界を経験した宮田さんだからこそ、面白い本を紹介したり執筆したりできるのだと思います。

(文:服部慎一)