当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

カジサック、謎の頭痛に強烈な目眩…YouTubeの休止を報告「急に左目だけ見えづらくなる」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

16日に自身のYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」に新しい動画を投稿した、YouTuberのカジサックさんことお笑い芸人の梶原雄太さん。

原因不明の体調不良により、YouTubeチャンネルの更新をストップすることを報告しました。

スポンサーリンク

カジサック、謎の頭痛に強烈な目眩…YouTubeの休止を報告

16日に自身のYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」に新しい動画を投稿した、YouTuberのカジサックさんことお笑い芸人の梶原雄太さん。

動画の冒頭で1カ月前から体調が良くないことを語ります。

持病の偏頭痛とは違う、謎の頭痛が続いているそうで、念のため病院で検査を受けるも異常は見つからなかったことを説明しつつ「血圧が少し高いことを指摘された」とのこと。

脳梗塞やくも膜下腫血など重い後遺症や死に直結するようなものではないとして、疑いは晴れたものの「急に左目だけ見えづらくなったり、近い日に強烈なめまいに襲われたりとか立て続けに起こったんですね」と告白します。

動画を配信しているときにも頭痛は続いているようで、自覚症状として「VTRをチェックしていたら急に左目だけ見えづらくなったり、その近い日に、強烈なめまいに襲われたりとかっていうのが立て続けに起こっていたんですね」ととても楽観視できない状態であることは明らか。

同チャンネルの制作チームに相談し、休養を勧められたそうで「当面休養」を決断したそうで、動画を見た視聴者からは

《10日くらいと言わずとりあえず良くなるまでしっかり休んだ方がいいですよ!!》

《みんなずっと待っててくれるから大丈夫ですよ!!》

《身体の方が大事ですからね!楽になったらまた元気な姿見せてください!》

など、労りの声が多数書き込まれました。

スポンサーリンク

梶原雄太、復帰はいつ?

今回、謎の体調不良に見舞われ休養を発表した梶原さん。

動画では病院を回り、検査するために10日ほどお休みすると発表していましたが、本記事は動画投稿より約1週間経過しており、当然のことながら新しい動画はまだ投稿されていません。

おそらく、検査検査の毎日なのでしょう。

最後は「完全に元気になってね、帰ってきたいなと思いますのでもう少々お待ちください。またお会いしましょう!」と、明るく締めくくった梶原さん。

梶原さんは、2006年に進展性の化膿性炎症の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と血管性浮腫を発症し、入院した過去があります。

いずれも世界で症例が少ない病気で、梶原さんが罹患した当時、なんと日本人では38番目の発症だったとか。

他にも、強いストレスが引き金となり「心身症」で一時、失踪までしてしまったこともある梶原さん。

今や登録者数236万人(2022年6月22日正午現在)にまで増え、トップクラスのYouTuberとして走り続けているだけに、家族やファンのためにも、今はただ心身を静養し、元気になることに専念してもらいたいですね。

(文:Quick Timez編集部)