須田亜香里「私の体なんだと思ってんだ」ファンからもらった下着に困惑も…履き古した過去を明かす

文:Quick Timez 編集部
須田亜香里TV番組
スポンサーリンク

画像:時事

4月15日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)。

この日の放送では、SKE48の須田亜香里さんがゲストの1人として出演。

ファンからもらったヤバイプレゼントなどを明かし、注目が集まっているようです。

スポンサーリンク

「サイズが小さくて…」須田亜香里、ファンからもらって困ったプレゼントを語る

4月15日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)。

この日の放送では、SKE48の須田亜香里さんがゲストの1人として出演。

この日のテーマの1つとして「扱いに困ったファンからのプレゼント」が話題にあがり、須田さんもファンからもらった「ヤバいプレゼント」について語る場面が。

一番ビックリしたプレゼントとして、「上下の揃った真っ赤なレースの下着」を貰ったことを明かしました。

しかし、「サイズが明らかに自分のものより小さくて」「プライドが許さなくて、私の体なんだと思ってんだって」と、サイズ違いであることに困惑したという須田さん。

「そのプレゼントどうしたの?」という質問に対しては「パンツは一応履き古しました」とファンの気持ちを尊重して使用したものの、「上はサイズが合わなかったので、3回くらいつけてゴメンナサイしました」と回答。

独特なファンからのプレゼントに、スタジオからも驚きの声が上がりました。

スポンサーリンク

「絶対そのおっさん履いてるからね」ファンからのプレゼントの危険性も話題に

この日、ファンからもらったヤバいプレゼントのエピソードを明かし、スタジオを驚かせた須田亜香里さん。

一方、「パンツは一応履き古しました」としっかりプレゼントを使用していた須田さんに対し、共演者である千鳥・大悟さんからは「下は履いたの?」と驚きの声も。

また、松本人志さんも「絶対その下、その(プレゼントしたファンの)おっさん履いてるからね」と、ファンの使用済みである危険性を指摘します。

須田さんは「絶対それはないです!」とすぐさま否定していたものの、「何で分かんねや!?俺がもしアイドルに贈るんやったら、穿いてるで!」と、男性陣から更なる指摘が。

「ホントやだ!」と悲鳴を上げる須田さんですが、「もらうもんは気ぃつけやという(アドバイス)」と締めくくり、プレゼントの危険性を示唆した松本さんと大悟さんでした。

視聴者からも

《ファンからもらった下着なんて絶対使わないでしょ》

《下着あげたファンの人には悪いけど引くわ》

《怖くて着れないし捨てる。事務所も受け取って須田に渡したよね》

《48グループて下着類のプレゼントは昔から禁止されてるし、運営も中身をチェックしてるはず》

など、下着のプレゼントの危険性や事務所の対応などを指摘する声など、松本さん・大悟さんに同意する意見が集まったようです。

現在、須田さんが所属するSKE48を含む48グループの運営人は下着類などのプレゼントの受け取りを完全に禁止しており本人に届く可能性はない様子。

一方で、須田さんはそれとは別にTWIN PLANETという事務所に個人で所属しているため、この所属事務所に届いたプレゼントが本人の元に届いてしまったのではないかと指摘しているファンもいるようです。

須田さんの今回のエピソードでは特に危険はなかったようですが、本人・事務所ともに今後のプレゼント対応にはくれぐれも気を付けて欲しいですね。

(文:Quick Timez編集部)