藤井風「ココアシガレットばっか吸ってた」ヤンキーだった高校時代を回顧しネット爆笑

文:Quick Timez 編集部
歌手
スポンサーリンク

(※画像はイメージです)

3月30日に自身のツイッターを更新したシンガーソングライターの藤井風さん。

「おれヤンキーだったんだよね」というつぶやきと共に投稿した写真は、ヤンキー感満載ですが、どことなく可愛らしい姿にネットは爆笑に包まれています。

スポンサーリンク

藤井風、ヤンキーだった高校時代を回顧「ココアシガレットばっか吸ってた」

3月30日に自身のツイッターを更新したシンガーソングライターの藤井風さん。

「おれヤンキーだったんだよね」というつぶやきと共に投稿した写真は、白シャツのボタンを胸元まで外し、中からは黒のインナーがちらり。

着崩したスタイルに加え、やや短髪のヘアスタイルで睨みをきかせた目つきからは幼い雰囲気が感じられ、学生時代に撮影された1枚のように見えます。

投稿には、続けて「高校生の時からココアシガレットばっか吸ってたもん」として、左手に挟み口にくわえているタバコのようなものはオリオン社製造のロングセラーお菓子「ココアシガレット」であることを暴露。

可愛らしさ満点の投稿に、フォロワーからは

《こんな顔してココアシガレット吸ってるおちゃめ男子、モテただろうな》

《素晴らしいサービス精神》

《昔風に言えば、なんちゃってヤンキー》

《随分健全そうなヤンキーだね》

《何だか可愛らしい元ヤンキーさんですね》

など、爆笑したフォロワーからの書き込みが寄せられました。

スポンサーリンク

藤井風、イケメンの外見にそぐわない健康的な日常

岡山県出身の藤井さんは、3歳からピアノを習いジャズ・クラシック・ポップス・歌謡曲・演歌などあらゆる音楽を聴いて育ち、音楽系のコースに進んだ高校時代は音楽漬けの日々を送っていた藤井さん。

2021年のNHK紅白歌合戦に出場して一気に知名度が上がりましたが、元々はYouTube出身のアーティストです。

岡山弁と標準語を巧みに使い分け、180cmを超える長身に渋い外見のイケメンですが、本人曰く飲酒はおろか喫煙習慣もなくベジタリアンなのだとか。

過去のYouTubeでも、演奏後にタバコと思いきやじゃがりこを口にくわえてからポリポリ食べた動画があり、なんともお茶目で健康的。

音楽の才能はもちろん、魅力たっぷりの藤井さんにはこれからも大注目ですね。

(文:Quick Timez編集部)