当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

新庄剛志監督「それやめましょう」定例質問の回答を拒否!その深い理由に視聴者大絶賛「よく言ってくれた」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事

27日に放送された「シューイチ」(日本テレビ系列)。

ゲストに北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督が出演しました。

スポンサーリンク

「それやめましょう」新庄ビッグボスがマスコミの質問を回答拒否

27日に放送された「シューイチ」(日本テレビ系列)。

ゲストに北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督が出演しました。

新庄監督は、番組のMCである中山秀征さんと対談を交えますが、対談の最後を締め括ろうと中山さんが「最後になりますけど、一言みなさんに」とボールを投げます。

すると、新庄監督は「それやめましょうって、だから」と厳しい表情で反応。

「それやめましょうって、だから。俺今ね、ルール決めてんすよ。選手に対して、テレビ局側の人が『ファンの方に最後ひとこと』っていうのは面白くないでしょ?いらないですって」と、スポーツ選手への取材で「最後に一言」と尋ねるテレビ局の姿勢に疑問を呈しました。

新庄監督の一言を受け、ネットには

《これはそう思うな。定番のやつだけど、ただの繰り返しの発言になること多かったし》

《元アスリートがインタビュアーだと、気持ちを理解してるのか、良い感じに終わる気がする》

《よく言ってくれた。「さいごに一言」の質問は聞く方も応える側も定型でつまらない》

など、共感するばかりか的を射った意見に絶賛する声が多数寄せられました。

スポンサーリンク

新庄監督、変わらない有言実行の姿で視聴者虜に

今回、番組では、高さ3.5メートルの視察台「ビッグボスステージ」や、くじ引きでの打順決定など、新庄監督がキャンプ中に行ったユニークな取り組みをたっぷりと紹介。

注目の若手選手が楽しんでプレーする姿を伝え、開幕を待ちわびる映像としての撮れ高は十分な紹介映像となりました。

中山さんとの対談内容も「9月くらいに『俺たち強くね?優勝狙えるんじゃね?』というムードに(していきたい)。そこで、俺も『2位でいいよ、と。来年新球場(エスコンフィールド北海道)できるんだよ?取っておかないと』という気持ちの余裕さで遊びたい」と笑顔で今季の抱負を語り、期待値はますます高めに。

そこで中山さんからの問題の発言があり、新庄監督からの牽制を受けたわけですが、新庄監督の意図を汲み取ったのか、中山さんは「もうそういう時代じゃないってことですね?」と問います。

新庄監督は「そういう(「最後に一言」という質問が出ない)時代にしたい。やめてほしい。サッカーにしても、なんにしても。好きな食べ物とか、昨日どこで何を買い物しましたか?とか。そっちの方が(みんな)聞きたいと思います」と、ボールを投げた質問にするのではなく、どんどん突っ込んだ質問をして欲しいという持論を語りました。

新庄監督の提案を受け、中山さんは質問を改め「最後になりますけど、今日のご予定は?」とお伺い。これに対し、新庄監督はいつも通り爽やかな笑顔で「半身浴を40分。汗を出す。みたいな」と、右手で「ビッグボスポーズ」。

期待を裏切らない新庄監督にますますのめり込みそうな1年となるに違いありません。

(文:Quick Timez編集部)