たむらけんじ、政治家へ転身?『安倍首相パロディ動画』につっこんだ、大阪市長との意外な関係とは?

スポンサーリンク
お笑い芸人

出典:時事

13日にInstagramで、お笑い芸人の「たむらけんじ」さんが動画を投稿しました。

その投稿した動画が、ある有名な動画のパロディーだと、話題になっています。

たむらさんは、どんな動画をあげたのでしょうか。

スポンサーリンク

たむけん、まさかの総理のパロディー!?大阪市長も絶賛!

13日にInstagramで、お笑い芸人の「たむらけんじ」さんが動画を投稿しました。

その動画は、12日に安倍晋三首相が、Instagramで投稿した動画を、パロディー化したもの。

安倍首相は、アーティスト・星野源さんの曲「うちで踊ろう」の曲にのせて、国民の自粛生活を促すために首相の自粛生活を発信しました。

この動画に対して、たむらさんは安倍総理と同じポーズで動画を撮影し、新型コロナウィルスに対する国の呼びかけ「ステイホーム」「ソーシャルディスタンス」の文字を上裸姿に書きアピール。

たむらさんは「めちゃくちゃ怒られたら皆んな助けてね」とのコメントも。

同じ投稿をTwitter上でも、たむらさんはしており、大阪市の松井一郎市長が反応し、「安倍総理に届きますように!拡散希望!これは怒られるやつや!笑い」と絶賛しました。

 

スポンサーリンク

大阪市長とたむけんの関係とは!?たむけん、政界への進出を目論む?

安倍首相のInstagramの投稿をマネした、たむらけんじさん。

たむらさんのパロディー動画に、なぜ大阪市の松井一郎市長がくだけたコメントをしたのでしょうか。

以前からたむらさんは、政治家になることを考えており、大阪維新の会や他の政界の方とも深い繋がりがあります。

特に、2015年の大阪維新の会が推める「大阪都構想」について、積極的な支持をし、周囲に呼びかける言動をしていました。

そのため、「大阪維新の会」幹事長の松井さんとも深い繋がりがあり、松井さんはフランクに反応したのだと考えられます。

日本がより良くなるために、政治家への転身を考えているたむらさん。

国への思いが強いたむらさんは、新型コロナウィルスで多くの人が気を落としているのを、放っておけず、楽しませようと安倍首相のパロディー動画を投稿したのかもしれません。

(文:M.K)

コメント