当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

千原ジュニア、IOC会長・バッハ氏歓迎会にブチギレ「舐められすぎ」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

東京オリンピック開催を数日後に控え、VIP待遇で来日しているIOC会長・バッハ氏。

しかし緊急事態宣言発令されている中、異例の待遇を受けていることを18日の「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)が取り上げると、MC千原ジュニアさんが持論を述べました。

「ほんとそれ」と賛同を集めた千原ジュニアさんのコメントとは一体?

スポンサーリンク

千原ジュニア、バッハ会長歓迎会にブチギレ「黙ってられない」

18日、東京オリンピックを控え来日しているIOC会長・バッハ氏の言動に厳しい目が向けられていることを特集した「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

この放送中、バッハ氏の言動に対し千原ジュニアさんが厳しいコメント口にするシーンがありました。

この日、バッハ氏の言動に批判が巻き起こっていることを取り上げると同時に、出演者らが「あえて」称賛できるバッハ氏の行動を述べていた同番組。

しかし千原ジュニアさんは迎賓館で同日に行われた歓迎会の報道を取り上げると「これはちょっと黙ってられないですね」とポツリ。

そして、「舐められすぎというか…これだけ我々が我慢してて、歓迎会?」と首を傾げると、「これ去年なんかコロナ禍で、コロナ関係なく亡くなられた方はお通夜もできない、葬儀もできない、ほんとごくごく数人でみたいな。それで一周忌、お酒飲みながらお寿司つまみながら故人を偲ぶこともできないというこの中で…これはようみんな黙ってるなとは思いますね」と、依然として制限されている国民の生活を持ち出したのでした。

また、千原ジュニアさんの怒りの矛先はバッハ氏だけでなく、歓迎会の主催である五輪組織委員会にも。

「これを公に発表している神経が…俺まだバッハが泊ってる300万のホテルに集まって、『実は…』みたいな方がまだ健全」と、堂々と公言しているその対応にあ然とした表情をのぞかせていました。

スポンサーリンク

千原ジュニア怒りのコメントに視聴者沸く

迎賓館で開かれたバッハ氏の歓迎会について、「舐められてる」と怒りのコメントを述べた千原ジュニアさん。

すると、その千原ジュニアさんの様子に「ブチギレてるじゃん」と視聴者は驚きつつも、

「ほんとこれ。高齢の母が入院してるけど去年から見舞いにも行けず、ついに医者からは『看取るのもあきらめてください』と言われる始末。なんだこの状況」

「千原ジュニアの話はごもっともなことで、IOCもあいつらなんでも言うこと聞くんだぜ、みたいな感じでナメてんだろうな」

「オリンピックやることで全てが狂ってると思うようになった。この国ってここまでおかしかったんだって。マジでこの先終わってるよ」

「確かに組織員会の神経もおかしい。酒の提供、飲食を伴わない歓迎会だとしても今まで『密になるな』という方針で対策してきたのに、それをなぜ堂々と破る?特権階級ここに極まれりってやつだよね」

などと、千原ジュニアさんが口にしたコメントに多くの共感が寄せられていました。

東京オリンピック開幕まで残り3日。

オリンピックへの反対論が根強く渦巻く中、オリンピックの幕が上がることは確実のようです。

(文:有馬翔平)