当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

永島優美アナ「遅いんですよ」、千葉・八街の飲酒運転死亡事故に珍しく怒りあらわ

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

昨日午後、千葉・八街市内の道路で発生したトラックの交通事故。

小学生2人が死亡、さらにトラックを運転していた男からは基準値を超えるアルコールが検出されたことによって注目されている事故の続報を29日の「めざまし8」(フジテレビ系)が報じました。

すると、同番組が取材した男の勤務先の会見に対し永島優美アナウンサーが激怒するシーンが。

スポンサーリンク

永島優美アナ、千葉・八街市の飲酒運転死亡事故に怒りあらわ「遅いんですよ」

29日、昨日千葉・八街市で発生したトラックによる死亡事故を特集した「めざまし8」(フジテレビ系)で、トラックを運転していた男の勤務先の会見に永島優美アナウンサーが怒りをあらわにしました。

昨日午後、千葉・八街市で発生した交通事故はトラックが下校途中の小学生の列に突っ込み、小学生2人が死亡するという大惨事に。

同番組ではトラックを運転していた男から基準値を超えるアルコールが検出されたことについて、勤務先の会社が行った会見の様子を放送。

勤務先の親会社にあたる企業は、出発時のアルコール点検について「不定期だが安全に対する周知会は開いていた」と釈明し日々の点検を行っていなかったことを白状。

そして「今後の課題として取り組んでいこうかと思う」と、再発防止を記者らの前で宣言したのでした。

すると、この企業側の説明に対し永島アナは「飲酒運転について『今後の課題として取り組む』じゃ遅いんですよね」と激怒。

さらに、「本当に何度こう言った事故が辛い事故が繰り返されるのか…もう悲しくて仕方がありませんよね」と語気を荒げました。

何度も繰り返される飲酒運転により事故に怒りをあらわにした永島アナ。

最後は「こう言った事故が二度と起きないことを願うばかりです」と、自身の言葉を締め括っていました。

スポンサーリンク

「やるんだったら最初からやれ」永島アナの言葉に共感集まる

飲酒運転死亡事故を起こした男の勤務先の会見に、「遅い」と怒りをあらわにした永島優美アナウンサー。

終始眉をひそめ厳しい表情を浮かべていましたが、永島アナがここまで感情を表に出すのは珍しいと言います。

「谷原章介さんとともに今年3月に『めざまし8』の司会に抜擢された永島アナですが、普段は温厚な進行をされる方。なので、ここまで怒ったようにコメントされるのは珍しいかと。正直今日の放送は驚きました」(テレビウォッチャー)

しかし、痛ましい事故に珍しく感情をむき出しにする永島アナの言葉に視聴者が反応。

「永島さんの言う通りだよ。事故を起こしたのに再発防止に努めますじゃ遅い。会社が運送部を設けているならなおさら」

「会社の社長のコメント聞いてすごくモヤモヤしてたので、永島アナの言葉聞いてスッキリした。何が『今後の課題』だよ。やるんだったら最初からやれよ。この会社も同罪だ」

「謝るくらいなら誰でもできる。本当、永島さんの言葉通りで遅い。マスコミは今後この会社がどのような課題を立て、どれくらい実行しているのかまで追及すべきだと思う」

「今までも飲酒運転予備軍がいて、こういう事故があっても他人事で済ましてきたんんだろうね。こういう事故が起きるとマスコミには少し同情するよ」

などと、永島アナの言葉に共感を示すコメントが多数寄せられました。

これまで飲酒運転による死亡事故が発生する度に、再発防止を訴えてきた各情報番組。

しかしその声が届いていないことに、永島アナも思わず語気を強めてしまったのかもしれません。

(文:有馬翔平)