当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

人気YouTuber・ヘラヘラ三銃士、”文春砲煽り”動画を削除も再び火に油を注ぐ事態に

スポンサーリンク
モデル

(※画像はイメージです)

25日、自身のYouTubeチャンネルで動画投稿を行った、YouTuber・ヘラヘラ三銃士のありしゃんさん。

この動画の中で語られた内容が視聴者の間で批判の的となっており、大バッシングを受けています。

どのような内容が語られたのでしょうか。

スポンサーリンク

コロナ禍での飲み会に「悪くない」で再炎上?

25日、自身のYouTubeチャンネルで動画投稿を行った、YouTuber・ヘラヘラ三銃士のありしゃんさん。

ヘラヘラ三銃士と言えば今話題の3人組女性YouTuberで、「ドリームステーション」というグループで活動していた元アイドルのまりなさん、「アキシブproject」というグループで活動していた元アイドルのさおりんさん、ネイル・まつ毛サロンのオーナーで経営者の一面を持つありしゃんさんと、三者三様の個性を持っていることが有名。

特に同性からの支持が厚く、チャンネル登録者数も今年3月に100万人を突破した、今一番勢いのある女性YouTuberグループです。

そんな波に乗っているヘラヘラ三銃士ですが、24日に『人気YouTuber31人が緊急事態宣言下にパーティーを行った』という報道をきっかけに大バッシングを受けてしまう事態に。

文春オンラインによると、今月18日の22時頃、東京・恵比寿に有名YouTuberたちが集まり、乱痴気騒ぎが繰り広げられていたそうです。

チャンネル登録者数237万人を誇る「しばなんチャンネル」のあやなんさんの誕生日会として開催された今回のパーティー。

チャンネル登録者数205万人を持つ「コムドット」のやまとさん・ひゅーがさん、チャンネル登録者数196万人を誇るまあたそさん、チャンネル登録者数179万人を誇るふくれなさんなど、参加者の登録者数を見るだけでも大物YouTuberたちが集まったことが伺えます。

この報道が公開されると、世間からは参加YouTuberたちに批判の声が殺到。

チャンネル登録者数415万人を誇る2人組YouTuber「水溜りボンド」のトミーさんは自身の冠番組が放送休止に追い込まれるなど、大きな打撃を受けました。

各YouTuberが不祥事の際に恒例となっているスーツ姿の「謝罪動画」をアップするなど、それぞれの対応をする中、メンバーのさおりんさんがパーティーに参加したヘラヘラ三銃士は【謝罪。この度は申し訳ございませんでした。】というタイトルの動画をアップ。

しかし、その動画サムネイルは過去に熱愛報道で丸坊主にした元AKB48の峯岸みなみさんを模倣したさおりんさんのコラージュ画像で、動画も炎上系YouTuberのコレコレさんの楽曲『炎上パンチ』をカバーして歌うという過激な内容。

「スーツでも着て謝罪しとけ」、「文春砲待ったなし」といった歌詞、文春オンラインの記事に掲載された自らの写真も載せる編集などはいずれも“煽り動画”そのものであり、多くの視聴者から非難の的となったのでした。

その後、あまりの大炎上に当該動画は削除され、代わりにありしゃんさんの謝罪動画をアップ。

ですが、この動画でもありしゃんさんが「客観的にさおりんは悪くないと思った。」と言っていたことや、パーティーに参加した本人のさおりんさんから謝罪の言葉がないことから、火に油を注ぐことになったのでした。

スポンサーリンク

謝罪動画投稿もチャンネル登録者数は激減

実際にこのYouTube動画を見ていた視聴者からは、

≪普通さおりんが謝るべきじゃ、、≫

≪謝るほどのことでもないって思ってたことがほんとに残念≫

≪その歳で本当にあの動画が大丈夫だと思ってたことがヤバい笑笑≫

≪ありしゃんも良くなかったのかもしれないけど、ありしゃんが謝罪してるのにあの会に参加してたさおりんが動画で謝罪しないのが不思議≫

≪謝罪って誰かに言われたからするものではないし、自分たちなりの謝罪動画があの歌ってみた。あれ本当にドン引きしました。≫

≪最後までびっくり。これからも応援しろだと?有り得んだろ。≫

≪きちんとさおりんだけで謝罪すればこんなにも大事にならなかったのにね。危機感持った方が良いよ≫

など、辛辣なコメントが多く見受けられました。

また、動画終盤では反省の形としてYouTubeの動画収益の一部を医療の現場へ寄付したことを公表しましたが、これに対しても

≪節税なんだろ?≫

≪寄付しただけで信用回復すると思ってるのか?≫

など、批判の声が止まりません。

実際に今回の騒動以降、登録者数が5万人減少したヘラヘラ三銃士。

あまりにも不謹慎な内容だったため、しっかりとした謝罪が別で必要かもしれませんね。

(文:Quick Timez編集部)