当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

『月曜から夜ふかし』、失礼すぎるディレクターの態度が大炎上「本当に失礼で嫌だわ」「番組の汚点」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

14日に放送された「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系列)。

同局の人気番組に出てくる遠藤達也ディレクターの話し方や礼儀に欠けた態度に、視聴者の怒りが頂点に達しネットが大炎上しました。

一体、遠藤ディレクターは番組内でどのような振る舞いを見せたのでしょうか。

スポンサーリンク

『月曜から夜ふかし』遠藤Dの態度に視聴者怒り心頭

14日に放送された「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系列)。

同番組は、司会を務める村上信五さん(関ジャニ∞)とマツコ・デラックスさんが、世間で密かに話題になっていることが書かれた「○○の件」のカードを選定、そのカードの内容に沿ったVTRを鑑賞して2人でトークを行う進行となっています。

この日の放送では「誰もやらなかった調査をやってみた件〜一生懸命お願いすればTVで見せられるかもしれない調査〜」として、遠藤ディレクターが各企業に無理難題を突きつけて厚かましいお願いをする企画が放送されました。

企業へ電話し、平身低頭でというところを、あろうことか上から目線でお願いをしたりマツコ・デラックスさんの名前を執拗に出して無理矢理企画を通すものの、企業へ「がっかりした」と無礼な感想を述べるなど、その態度は失礼そのもの。

スタジオへ戻り「遠藤D(ディレクター)のお願い問題」としてマツコ・デラックスさんが企画遂行のために何度も体よく名前を使われることをよしとせず、遠藤ディレクターから「(これからは)スタッフをこき使っていることを反省している感じでどうですか?」と、打診されたことを暴露された遠藤ディレクター。

遠藤ディレクターは「普通(収録でそういうことを)言いますか?」と苦笑。

村上さんとマツコ・デラックスさんからは、名前を出されることについて何の得もなく、そういったことを言う趣旨の番組であることを指摘されると、ふてくされたように早口で「はい、すみませんでした」と謝ります。

しかし、そのぶっきらぼうな態度にマツコ・デラックスさんは「何だこの野郎」と怒りをぶちまけます。

小学生のような大人げない態度をみせる遠藤ディレクターに、マツコ・デラックスさんは「私たちそんなにつまらない?」と質問すると「(つまらない)時もあります」と歯に衣着せぬ言動を被せ、視聴者らの怒りは頂点に。

《月曜から夜ふかしみてたけど、遠藤達也の企画はいつ見てもクソつまらんな。せっかく番組はおもしろい番組の唯一の汚点》

《月曜から夜ふかし毎週録画するくらいに好きだけど、遠藤Dはすごく嫌い》

《月曜から夜ふかし見てるが、遠藤Dって全くもってつまらない人。自分だけで楽しんでる感、満載だわ》

《2年ぶり?ぐらいに夜ふかし見てるんだけどまだ遠藤D担当してんだね。そしてあの企画まだやってたんだね。2年ぶりに見ても企画つまんないし、態度も無理…》

《夜ふかしの遠藤ってディレクター本当に失礼で嫌だわ》

《遠藤のゴミ企画は話題になってるんじゃなくてマジで皆が嫌ってるんだからな。世の中の9割が消えろ言ってるんだよ》

《それにしても遠藤D異動してくれんかな》

《遠藤Dの人に迷惑かける企画やめて欲しいな、聞き方が失礼だよ》

など、横暴な遠藤ディレクターへの批判が殺到し、ネットは大炎上しました。

スポンサーリンク

嫌われ遠藤ディレクターの今後は

遠藤ディレクターと聞いてもピンと来る人はそう多くはないと思いますが、実際にテレビ画面を通じてあの横柄な態度と癖の強そうな顔を見ると、多くの人が名前と顔が一致するのではないでしょうか。

視聴者のことを考えているわけではなく、一人称あるいはロケハンや企画に携わった人でしか面白さを感じないであろう企画を放送、他の面白い企画さえも食いつぶしてしまう、ネット上では名物嫌われディレクターです。

今回の企画でも、森永製菓㈱の人気商品「チョコボール」のプレゼントであるおもちゃの缶詰の中身を見せてほしいと企業の広報担当に打診した遠藤ディレクター。

広報担当者に、おもちゃの缶詰を「元祖おもちゃで釣る商法ですよね」と、相手が不快に感じても過言ではない煽るような発言をするなど、お願いする立場の物言いとは思えない勘違いぶり。

誰が見ても面白いと思える番組づくりのため、他のディレクターやスタッフは丁寧で敬意を払った番組づくりをしているにもかかわらず、遠藤ディレクターのおかげで全てが台無しになると言っても過言ではありません。

ネットでも何年も前から不快に思っている視聴者からの書き込みが少なくなく、その変わらない態度から、登場するだけでネットは大炎上する始末。

ネットでの批判が遠藤ディレクターの耳に届いているのならば、自身の言動を振り返り猛省したり、あるいは裏方に徹するほうが賢明ですが、番組制作サイドはどのようにとらえているのでしょうか。

(文:Quick Timez編集部)