当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

谷原章介、『めざまし8』家事格差特集で良き旦那ぶりをアピール

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事通信フォト

新型コロナウィルス流行によってテレワークが進む中、夫婦間の家事格差が浮き彫りとなっている現在。

14日放送の「めざまし8」(フジテレビ系)が特集を組むと、男性出演者らが自身のこなしている家事についてコメントを残しました。

すると、MC谷原章介さんが明かしたイクメンな一面に驚きの声が。

スポンサーリンク

谷原章介、『めざまし8』家事格差特集で良き旦那ぶりをアピール

14日、テレワーク導入が進むにつれて夫婦間の家事格差が浮き彫りとなったことを特集した「めざまし8」(フジテレビ系)で、MC谷原章介さんが取り組んでいる家事について詳細を明かしました。

普段、外勤している夫がテレワークになったことで注目されている家事負担。

しかし、夫が思う家事の中には「食器の汚れを浮かす」、「洗濯物の色分けをする」など細かい家事、いわゆる「見えない家事」は含まれておらず、家事を分担しても妻への負担が大きくなってしまうケースが多いのだそう。

この問題について、男性出演者らに20項目ある家事をいくつこなしているかアンケートを採った同番組。

5個の項目にチェックを入れた橋下徹元大阪府知事に「すごいじゃないですか」と言っていた谷原さんは、橋下氏の倍以上はある14個にチェック。

さらに「トイレットペーパーも補充じゃなくて、ドラッグストアに行って『これ買わなくちゃな』と在庫を把握していなければいけない」と率先して家事に参加していることをアピールしました。

ただ「これは性格だと思うんですよ」と自身が特別献身的ではないとも主張、「うちの父親がすごいやる人だった」と両親の影響を受けていることを明かした上で「やらなきゃと思ってやっているわけではない」と補足したのでした。

家事格差特集で、良き夫ぶりを明かした谷原さん。

特集の最後には「逆に言うと、こんな旦那細かくてイヤ!」と、自虐も口にしていました。

スポンサーリンク

「特別天然記念物級」家事エピソードに反響相次ぐ

「めざまし8」で家事参加をアピールした谷原章介さん。

すると、イケメンかつ家庭的な一面も持ち合わせているという谷原さんのパーフェクトな人間性に番組を観ていた視聴者が反応。

「素晴らしい!こんな人なかなかいない!」

「谷原さん、パーフェクトヒューマンすぎる…」

「谷原章介。特別天然記念物級の家事ができるイケメンだった。このような逸材は他に二人としていないだろう」

などと、拍手喝采が巻き起こりました。

しかし人気タレントでありながら、細かい掃除や子供の世話、さらに買い物などとこんなにも家事に参加することができるのでしょうか。

「谷原さんは間違いなく家事に参加しているはず。谷原さんには息子さんと娘さんがいっらっしゃいますが、今年3月末に『めざまし8』が始まると頻繁に子供たちの話をしています。その中には休日、息子さんの習いでの送迎、娘さんの美容院に付き添ったり買い物に出かけたりと『イクメン』ぶりを発揮していますし、奥さんを含めた家族サービスも行っている様子を見せていましたからね」(芸能ライター)

今回の家事格差特集以前から、良き夫ぶりをスタジオで披露してきた谷原さん。

「めざまし8」と同時間帯放送の「スッキリ」MC加藤浩次さんもイクメンぶりとして有名ですが、その加藤さんのイメージに対抗できるタレントがフジテレビに出現したようです。

(文:有馬翔平)