当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

水卜麻美、『ZIP』でのグダグダなマット運動に視聴者戸惑い「朝から何を見させられている?」

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

先月から木曜パーソナリティー・吉田沙保里さんが水卜麻美アナウンサーに格闘技を伝授している「ZIP!」(日本テレビ系)。

タックル、受け身と続いた10日の放送では難易度を上げて「飛行機投げ」にチャレンジすることに。

すると、水卜アナが見せた「飛行機投げ」に視聴者からの反響が集まっています。

スポンサーリンク

水卜麻美、『ZIP』でマット運動披露

10日、元女子レスリング日本代表の吉田沙保里さんが木曜日のパーソナリティーを担当する「ZIP!」(日本テレビ系)で、MC水卜麻美アナウンサーに格闘技を指導する通算3回目の放送がありました。

コーナーが先月から始まり、ここまで吉田さんの代名詞「タックル」と格闘技の基本である「受け身」を習ってきた水卜アナ。

この日は今までの技からステップアップして、「飛行機投げ」という技にチャレンジすることに。

「飛行機投げ」とは相手の脇に潜り込み腕と脚を掴むと上半身で一回転、そして最後には袈裟固めで相手の動きを封じるという複雑な技。

「とにかくちょっとやってみてください!」と吉田さんに促されるまま、水卜アナは早速「飛行機投げ」を実行。

しかし水卜アナはまず人形相手にタックル、そしてそのまま抱きつくと開脚しながら後ろに倒れ「添い寝」の状態に。

その後、吉田さんの動きに合わせて見よう見まねに「飛行機投げ」にチャレンジし続けた水卜アナ。

ただ最後までマットの上で人形とくんずほぐれつを繰り返すだけで、「今日はできていないんで居残り練習ですね」とおそらく女性アナウンサー初となる居残り宣告を受けていました。

スポンサーリンク

「何を見せられているんだ」グダグダ格闘技に視聴者爆笑

吉田沙保里さんの格闘技指導も3回目となり、「飛行機投げ」を習った水卜麻美アナウンサー。

しかし結局、一度も成功することはなく居残り練習となってしまう事態となりましたが、番組を観ていた視聴者はグダグダとなったコーナー内容に思わず笑ってしまったようで、

「朝から一体何を見せられているんだか…でもミトちゃんのマット運動ヤバすぎでしょ」

「本人は一生懸命なんだろうけど…あのコミカルさに笑いを我慢できない」

「水卜ちゃんのグダグダさがすごい」

などと多くのコメントが寄せられました。

さらに水卜アナは番組終了後、吉田さんからの居残り練習を受けたようでSNSにその様子を投稿。

「特訓しよう」と人形と肩を組み虚ろな眼差しを地面に受けている画像をファンへ公開すると、「あんなの霊長類最強の吉田さんくらいしかできないから安心して!」と励ましを受けていました。

「朝番組史上、最強のアナウンサーを目指してこれからも頑張りたいと思います」と意気込んだ水卜アナ。

しかし、最強アナウンサーを名乗るまでの道のりはまだまだ果てしないもののようです。

(文:有馬翔平)