当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

『ウチガヤ』、キンタロー。へのドッキリ企画に批判殺到「胸糞悪すぎ」「完全にいじめじゃん」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

30日に放送された「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系列)。

お笑いタレントのキンタロー。さんが出演しました。

「共演NG」がささやかれている女優の前田敦子さんが、キンタロー。さんにドッキリを仕掛けたところ、あまりにもゲスな内容で視聴者から辛辣なコメントが相次ぎました。

スポンサーリンク

『ウチガヤ』、キンタロー。へのドッキリ企画に批判殺到

30日に放送された「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系列)。

お笑いタレントのキンタロー。さんが出演しドッキリを仕掛けられました。

キンタロー。さんは、当時AKB48の絶対的エースだった前田敦子さんのモノマネで大ブレイク。

普通ならば売れている最中に、いずれかの局で「ご本人と共演を」という定番の企画があるものですが、なぜか一度も共演しないまま9年もの歳月が流れていました。

前田さん自身は「共演NG」といった自覚はなく、ただ共演する機会がなかっただけと述べますが、キンタロー。さんも業界関係者も「共演NG」だと思っている様子を出していただけに、今回の共演には緊張が走ります。

キンタロー。さんはブレイクのきっかけとなった前田敦子さんのモノマネ「フライングゲット」を全身全霊の決めポーズで登場。

なんとか初対面を盛り上げようとしたものの、ここからがドッキリで前田さんが「聞いてないですよ」と怒ってスタジオを出て行ってしまうという内容。

前田さん自身も渾身の演技を披露したのです。

スタジオは静寂に包まれ、共演者のヒロミさんらは険しい顔をするなど「いかにも」な演出にキンタロー。さんは「どうしよう」と顔が真っ青に。

「収録を止めましょう」という声が上がるなど物々しい空気の中、前田さんが「ドッキリ大成功」のフリップで登場するとキンタロー。さんが仁王立ちで号泣。

不安で押しつぶされそうだった緊張を共演者らにイジラレる姿に視聴者は、

《キンタローめっちゃ可哀想。》

《ウチガヤのキンタロードッキリ、やってる事がいじめじゃん!と思って見るのやめた。》

《ウチガヤでやってるドッキリが胸糞悪かった。何も悪いことしてない人に罪悪感を植え付けさせんなや》

《どっちが先が分からないけど、キンタロー子供の事もあったしこういうドッキリはやめてあげて欲しい》

《ウチガヤのドッキリ嫌なタイプ。どうして人が悲しくなるようなドッキリを作るんだろうね》

《キンタローが可哀想なだけで面白くもなんともない展開。どっきりとかサプライズとかじゃなくていじめとか嫌がらせの世界》

など、キンタロー。さんへの同情の声が多数寄せられました。

スポンサーリンク

キンタロー。モンペ疑いありと炎上直後のドッキリに視聴者同情

キンタロー。さんはつい先日、1歳の娘さんが一時預かりを頼んでいた預け先で転び、ケガをして帰ってきたことをオフィシャルブログに綴っています。

預け先からは謝罪があり、病院に連れていってもらうなどの対応をしてもらったようですが、パニックになってしまったキンタロー。さんはケガをした箇所の写真とともに、その経緯をアップ。

翌日のブログにも「正直なんで外なのに手を離したのって 頭の中モヤモヤもしてしまいました」「どんな状況だったのか話を聞いても 何で?何で?って頭の中でやってしまいまして」と、自分の正直な気持ちをつづりました(現在は削除)。

他意はなかったと思いますが、シッターさんを責めているようにも感じられる文章なだけに、瞬く間に炎上。

この件でキンタロー。さんは、「モンスターペアレント」「ヤバい」と言われ、謝罪するハメとなったのです。

初めての育児で不安だらけだったところへの炎上は、キンタロー。さんの心をえぐってしまったに違いありません。

そこに今回の後味の悪いドッキリを仕掛け、キンタロー。さんをより心細くさせるような内容の放送を見た視聴者はなんとも後味が悪かったのではないでしょうか。

(文:Quick Timez編集部)