当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

玉川徹、緊急事態宣言をめぐり尾身茂会長の発言を批判…SNSでの賛否両論が巻き起こる

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

新型コロナウィルス新規感染者増加に歯止めがきかない状況に、今週に緊急事態宣言が再発令される見通しとなった首都圏。

再発令の緊急事態宣言の内容について伝えた6日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、番組コメンテーターの玉川徹氏が、飲食店のみに制限をかけた政府に対し苦言を呈しました。

その玉川氏の発言に視聴者からは賛否両論が。

「理論が破綻している」、「その通り」とコメントが相次いだ、玉川氏のコメントとは一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

玉川徹、飲食業負担増へ吠える!尾身茂会長の発言を批判

6日、新型コロナウィルス新規感染者増加に歯止めがきかない状況に緊急事態宣言が再発令される見通しとなった首都圏について報じた「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、番組コメンテーターの玉川徹氏が、政府主導の分科会会長である尾身茂会長の発言に噛みつく一幕がありました。

首都圏の知事らの要請後、菅義偉首相が1都3県に対し発令する見通しを発表した緊急事態宣言。

昨年4月に続く2度目の発令となりましたが、昨年のものと異なり対象地域の学校は休校せず、映画館やスポーツジムも営業可能、ただし飲食店に制限が集中するという内容に。

飲食店が影響を受けることに「都内での感染経路不明者の6割が飲食店での感染の恐れがある」、「しかしそれを裏付けるエビデンスはない」と、尾身会長の発言を紹介した同番組。

アメリカやイギリスなど諸外国の数字と比較しても飲食店のみの制限では感染拡大を止めることはできておらず、移動制限をかけているとして政府の対策を「不十分」と批判。

その中で玉川氏は、「エビデンスがない」と回答した尾身会長について首を傾げたのです。

「直接的なエビデンスがないと言われると、なぜ直接的なエビデンスを掴もうとしないんだという風に言わざるを得ない。調査するマンパワーがないなら、国立大学にお金を出して『こういう風にやってくれ』と調査を依頼すればいいだけじゃないですか」、「日本はエビデンスがなさすぎる。市中感染率を直接計ってないんですよ。そんな国ないですよ」と厳しい言葉を並べ立てました。

さらに玉川氏の批判は止まらず、政府が設定した基準の中に諸外国の治験があることについて、「自分の国で治験を得ないで、なぜ海外の治験を持ってくるんだ」と疑問をぶつけていました。

 

スポンサーリンク

玉川徹、「エビデンスがなさすぎる」発言に賛否両論が巻き起こる

尾身茂会長の発言に、「エビデンスがなさすぎる」、「国立大学に調査を依頼するべき」と批判を展開した玉川徹氏。

この玉川氏の発言に、番組を観ていた視聴者からは賛否の声が。

「エビデンスがないならエビデンスをどうして求めないのか…玉川さんの言う通りです」

「ホントそれ。エビデンスがないのはバカ連中」

「玉川が『エビデンスを掴もうとしないのか』って言ってる。専門家がエビデンスエビデンス言うのは無能の証拠」

などと玉川氏の意見を支持するコメントの一方で、

「いやーwww玉川さんのアホさ加減にはもう降参だわwww」

「おまえこの間までエビデンスなしでGoTo批判してたじゃねーか」

「玉川が自分で持ってくるエビデンスって海外のものが多いけど大丈夫?ブーメランじゃない?」

「おまえらが使ってるエビデンスも十分怪しいぞ。都合の良いとこだけ持ってきている気がする」

と、批判のコメントが寄せられました。

明日から施行される緊急事態宣言。

実施に多くの疑問の声が上がる中、一体どれほどの効果が望めるのでしょうか。

(文:有馬翔平)