当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

松下洸平、『徹子の部屋』出演で母からのサプライズに言葉を失う「すごい時間ですよ」

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事

昨年にNHKの連続テレビ小説に出演し、バラエティ番組でも出演が増えている俳優・松下洸平さん。

25日の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演すると、松下の実母からサプライズで手紙が送られてくる事態が。

スポンサーリンク

松下洸平、黒柳徹子が代読する母の手紙に感動「胸がいっぱい」

25日、昨年放送されていた朝ドラ「スカーレット」に登場し、現在はバラエティ番組でも活躍する俳優・松下洸平さんが「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に登場。

画家でもある母親からの手紙をサプライズで受け取り、番組MCの黒柳徹子さんが代読するシーンがありました。

母親を見て自身も芸術を学ぶなど、影響を受けたという松下さん。

「母の絵を見て『こここの色にしたらいんじゃない』とか『私はこの色を使いたい』と言い合ってます」と、この日母親との関係性について明かしました。

すると、突然黒柳さんが「お母さんから手紙を預かっています」と手紙を事前に依頼していたことを発表しました。

その手紙には「大変ながらも今思えばかけがえのない子育てでした」と幼いころの話から、芸能界を目指そうとする松下さんと衝突したエピソードについてなどが記載。

芸能界に入ろうと志す我が子に「保険のために資格でも取れば?」と勧めたところ、「この年齢で人生に保険をかけたくない」と一蹴されたこともあったのだとか。

当時「頑張れの気持ちと、世間をなめんなよの半々の気持ちでした」と、息子の芸能界入りに複雑な想いを抱いた母。

しかし、それから目覚ましい活躍を見せている松下さんを「あれから十数年、過ぎた年月は無駄ではなかったね。頑張ったね」と手紙の末尾で褒めたのでした。

想いもよらない母の手紙と、それも黒柳さんが代読しているというシチュエーションに「このことに胸がいっぱいで」、「いや…すごい、すごい時間でした今」と言葉を失った松下さん。

「続けて良かったなって思いました」と、芸能界を諦めないでよかったことを胸をなでおろしました。

スポンサーリンク

名言連発の松下母に「講演会開いてください!」

実の母親からの手紙に心動かされた様子の松下洸平さん。

すると、黒柳徹子さんが代読した松下さんの母の手紙に、番組を観ていた視聴者が反応。

「子育て中の私にはものすごく響いてしまった。松下洸平さんのお母様。講演会を開いてください。」

「なんかお母様の話を聞いて松下さんの人柄が納得できた気がする」

「お母様の手紙、夢に保険をかけたくないという洸平さんに対して覚悟を決めたお母様。子供の意見に耳を傾けて受け入れられるって素敵よね」

「どうやったらそういう風に子育てを思えるのだろう」

「ホントどうやったらあんなに素直な人に育つのだろう…教えてほしい!!」

「当時の洸平くんと同い年の子供を持っていた母として、一文一文がしみるしみる…私とはまったく器が違いすぎる」

「なんか松下くんのファンになったし、松下くんのお母さんのファンにもなってしまった回だったね。録画してるから落ち込んだ時に何度でも見返そう」

などと、拍手が巻き起こりました。

今後ブレイク間違いなしの松下さん。

その陰には母親の応援や想いも大きく影響していたようです。

(文:有馬翔平)