当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

加藤浩次もあ然!『スッキリ』紹介の肌着禁止の小学校校則が物議「逮捕レベルのセクハラ」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

先週、神奈川県・川崎市の市議会で提議された市内小学校に設けられている「体育時の肌着禁止」の校則。

川崎市だけでなく、全国各地で肌着禁止のルールがあることを15日の「スッキリ」(日本テレビ系)が伝えると、番組MCの加藤浩次さんが持論を述べました。

スポンサーリンク

加藤浩次、小学校に残る時代錯誤なルールに疑問

15日、神奈川・川崎市のほか「体育時の肌着禁止」という小学校の校則が問題視されていることを特集した「スッキリ」(日本テレビ系)で、番組MCの加藤浩次さんが持論を述べました。

先週、神奈川・川崎市の市議会で話題が上がった市内小学校での「肌着禁止」という校則。

しかし同番組が取材を進めると、全国各地で同様の校則が存在しており、中には男性教師が女子生徒の胸のふくらみを目視で確認しなければ肌着の着用を認めないという事例も存在していたのでした。

肌を強くするなどと時代錯誤な理由で行われていた校則に、番組の女性出演者らは「いちいち下着の着用に許可を取らないといけないということが理解できない」と愕然。

加藤さんもこの校則については「寒い人は下着を着ればいいし、暑い人は脱げばいいんじゃないか。それは自由でいい」と、時代錯誤を指摘し「学校側もこういうルールがあって厳しくしてたというわけじゃないのかもしれないけれども、このルールがずっと残ってきて、このルールに疑いをあまり持たなかったんだという。ルールに疑いがある場合は、やっぱ変えていくんだというのはこの時代大事かもしれませんね」と、時代と共に校則を変えていく柔軟性を訴えました。

スポンサーリンク

時代遅れなルールが波紋を呼ぶ

加藤浩次さんも時代遅れを指摘した全国の小学校に残る「肌着禁止」ルール。

すると、この特集をテレビの前で観ていた視聴者も相次いで「肌着禁止」のルールの問題に反応を示し、

「肌着禁止の話マジかこれ。この時代に頭おかしい…男性教諭が胸の成長を確認て、これ懲戒免職超えて逮捕レベルのセクハラやろ」

「小学校の規則で体育服の下肌着禁止はおかしい。男性教師の目視で胸の成長が認められた時だけ着用可らしい。令和やぞ。そろそろ変な校則を全国で見直して改善するべきだと思う」

「肌着禁止も意味わからんし、男性教諭がチェックするのも意味わからなすぎる。気持ち悪すぎて朝から『きっも!』って声に出しちゃった」

「なんで確認するのが『担任』である必要があるんだろう。肌着を禁止しないといけない理由があるなら、女性教諭でも養護教諭である必要があるんじゃない?先生方も『おかしい』と思わないのかな?」

「これを放送して、世の中に肌着禁止をキモイって、目で見て確認するのがおかしいって改めて周知する状態を作った『スッキリ』は有能だったし、こんな学校撲滅すべき」

「体操服の肌着禁止、あり得ない。それより、男性教師に成長を確認させるって言うのも絶対無理でしょ…」

「男性教諭が目視で着用を許可するとか気持ち悪い!何でブルマが廃れたのに肌着禁止は継続しているの?本当に気持ち悪い!こんな決まり早く廃れて!」

「肌着禁止とか気持ち悪すぎて無理。。。自分の意思や判断ができにくい年齢にこんなんされたらトラウマになっちゃうよ」

などと、SNSにコメントが殺到したことにより「肌着禁止」、「胸の成長」など関連した言葉がトレンド入りを果たしました。

度々議題に上る学校のルール。

時代とルールのズレを真摯に向き合う時期が近づいているのかもしれません。

(文:有馬翔平)