当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

小倉智昭「そっとしてあげられない」アンジャ渡部の報道に苦笑…しつこい特集に「下世話」と批判殺到

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

昨年、女性問題で芸能活動休止を発表したアンジャッシュ・渡部建さん。

現在も復帰目途は立っていませんが先週、東京・豊洲市場で労働していることが報道されたことで「とくダネ!」(フジテレビ系)が独自取材を敢行しました。

すると取材内容が公開された23日、番組MCの小倉智昭アナウンサーが口にした一言が視聴者の批判を招くことに。

スポンサーリンク

小倉智昭、アンジャ渡部のボランティア報道に心境吐露

23日、芸能活動を休止しているアンジャッシュ・渡部建さんが東京・豊洲市場で労働している報道について「とくダネ!」(フジテレビ系)特集。

渡部さんが従事しているという勤務先の関係者に独自取材した放送内容に、番組MCの小倉智昭アナウンサーがコメントを述べました。

昨年、複数の女性との不倫報道がなされ芸能活動を休止した渡部さん。

今回、渡部さんが勤務しているという関係者先に取材を敢行した同番組によると渡部さんは「2ヶ月前から勤務している」、「午前0時から朝までウニの仕分けをしている」、そして「ボランティアで勤務している」と情報が明らかに。

昨年末の謝罪会見以降、初めて明らかになった渡部さんの動向に小倉アナは「こういう報道があると彼の復帰へのプラスにもなるし、マイナスになるし…両方あると思うんですよね」と、コメントに戸惑う様子を見せました。

一方、渡部さんと同じお笑い芸人であるメイプル超合金・カズレーザーさんは「働いたとしても勤労する義務はあるし職業選択の自由はある。ボランティア活動と言われたら一層何も言うことはない」と持論を述べ、さらに「ただ働いているわけですよね?これ以上…まあ空いてる時間に働いているだけですから。もちろん芸能活動でもないですし」と、今回渡部さんのボランティア報道に対し掘り下げた番組へ懐疑心をあらわにしたのでした。

またカズレーザーさんの他の出演者、そして渡部さんが勤務している企業関係者から「渡部さん自身も一生懸命働いているので、周囲もそっとしておいてほしいというのが本音」と、渡部さんについて報道を控えるべきという声が上がると、小倉アナは「でも、そっとしてあげられないというのが我々の辛いところです」と特集を締め括っていました。

スポンサーリンク

再三にわたるアンジャ渡部報道に「ストーキング行為を控えるべき」

渡部建さんが豊洲市場でボランティア活動を行っているという報道に対し、「復帰のプラスにもなるしマイナスにもなる」と言いつつも「そっとしてあげられないのが辛い」と述べた小倉智昭アナウンサー。

すると、芸能活動を休止しているタレントをしつこく追いかける報道に対し、番組を観ていた視聴者は反発。

「アンジャッシュの渡部の件、職場先までマスコミが追いかけてくるのもはやイジメだろ」

「『そっとしてあげられないのが辛い』?はあ?」

「小倉、粛々と渡部は働いているんだからもうほっとけや~ほんと下世話やな」

「小倉が『それができない』と言ってたけど、いやいや別に悪いことをしていない人をあーだこーだ言うのはどうかと思ったよ」

「ワイドショーって本当に最低。小倉さんも無責任なコメントをしているし」

「メディアのストーキング行為について、そろそろ真面目に話し合うべきだと思う」

「わざわざ報道しておいて、こういうこと言っちゃう神経がわからない」

「こうやって見ると何様なんだよって思うよね。今まで散々叩いてきたくせに美談にも飛びつくんかって」

などと、小倉アナのコメントを含め報道内容に厳しい声が寄せられました。

昨年末、渡部さんが開いた謝罪会見で執拗に追及を行う姿が非難を招いた報道各社。

ブレーキの踏みどころをそろそろ考えなければならないのかもしれません。

(文:有馬翔平)