当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

堀田真由、『TOKIOカケル』で語った渋すぎる趣味に反響相次ぐ「最高すぎやん」

スポンサーリンク
俳優

(※画像はイメージです)

17日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系列)。

今回の放送は、次世代スター女優ということで22歳の演技派女優・堀田真由さんが出演しました。

堀田さんは番組内で、純喫茶でクリームソーダを飲んだり、銭湯巡りが好きだという渋い一面を披露し、メンバーと話しが盛り上がります。

そのような姿に、視聴者からは大きな反響が寄せられました。

一体、どのような反響があったのでしょうか。

スポンサーリンク

堀田真由、「TOKIOカケル」で語った渋い趣味に視聴者から反響続々

17日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系列)。

女優の堀田真由さんが出演しました。

映画やドラマでは一筋縄では行かない役柄を演じるなど、若手の中でも強い存在感を示している堀田さん。

昨年、結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)の13代目CMガールに就任するなど、パーソナルな魅力でも大きな注目を集めています。

そんな堀田さんですが、番組内で理想のデートは「銭湯デート」と答え、「フルーツ牛乳を飲みながら歩いて帰りたい」など昭和感漂うデートを挙げます。

また、ハマっているものとして「純喫茶」にあるクリームソーダが好きで、お店にあるとつい頼んでしまうことも明かした堀田さん。

堀田さんおすすめのお店が紹介され、「王道のクリームソーダが一番好きです。バニラとメロンソーダの間にできる層を味わうのが醍醐味」と、こだわりの楽しみ方を披露。

そんな知られざる一面に

《趣味が古風ですね! 同い年思えないぐらい》

《純喫茶や銭湯デートってばり渋い。うちの親のちょい上の神田川とかの世代の青春って感じ》

《純喫茶のメロンソーダが好きなの似合う~》

《阿佐ヶ谷とか鶯谷の純喫茶に行く堀田真由最高すぎやん》

《クリームソーダも真由ちゃんも好きです。》

など、古風なエピソードに夢中になった視聴者からの書き込みが殺到しました。

スポンサーリンク

目立ちたいと思っていても恥ずかしさが勝った青春時代

堀田さんというと映画「虹色デイズ」(2018)で演じたオタク女子・ゆきりん役や、「殺さない彼と死なない彼女」(2019)の全人類に愛されたい女子・きゃぴ子役、さらには映画にもなったドラマ「ブラック校則」(2019)での学校内と外では違う顔を見せる女子高生・三池ことね役など、清楚なビジュアルからは想像できないほど、一癖も二癖もあるような役柄を演じてきました。

学生時代は「目立ちたいと思いつつも、恥ずかしさが勝りおとなしく主張できない女の子だった」とインタビューで語った事もある堀田さん。

役柄とは真逆ゆえ、「演じる事が楽しく大胆になれる。そして日々学ばせてもらっている。」とどこまでも前向きな堀田さん。

演じる役以上に、自身のSNSでは笑顔の写真を投稿すると反響が大きいなどパーソナルな魅力に取り憑かれる人が多い堀田さん。

今回の出演でも、心の底から楽しいと思えることを笑顔で語ったからこそ、視聴者にも届き反響が大きかったのかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez