当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

アンガールズ田中、聖火ランナー問題に結論を出す…大人な対応に「淳とは全然対応が違う」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

昨日、ここ数日で口にした失言の数々で非難を受けている東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏が謝罪会見を行ったことを議題に挙げた5日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

失言の1つをきっかけにロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが愛知・犬山市を走る予定だった聖火ランナーを辞退するという影響も出ていることに、聖火ランナーに選出されている番組コメンテーターのアンガールズ・田中卓志さんがコメントを述べました。

すると田中さんが自身で出した結論に視聴者から拍手喝采、「田村淳とは違う」との支持の声が広がっています。

スポンサーリンク

アンガールズ田中卓志、聖火ランナー辞退問題に言及する

5日、ここ数日での失言について謝罪会見を行った東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏を議題に挙げた「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

番組コメンテーターのアンガールズ・田中卓志さんが選出されている聖火ランナーに言及するシーンがありました。

今月に入り「タレントは田んぼを走ればいい」とタレントや農家を中傷するような趣旨の発言をしたり、理事会で上がった話に「女性は競争力が強い」と女性蔑視の意図があるような発言を加えたことで国内のみならず、海外からも猛烈なバッシングに晒されている森氏。

しかし、昨日の会見では失言を撤回しましたが、その後記者との質疑応答で苛立つ様子を見せて「逆ギレ会見」とさらに批判を招く結果となりました。

ただ、森氏の失言であった「コロナに関係なくオリンピックはやる」という発言によって、愛知・犬山市から聖火ランナーに選出されていたロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが不信感を抱いたことから、聖火ランナーを辞退するなど悪影響が出始めています。

この日、放送で番組MCの坂上忍さんから「田中も辞退ってことになるんじゃないの?」と水を向けられた田中さんは「いやいやいや…僕もそれについては一度考えてみたんですけど」と逡巡したことは認めたものの、聖火ランナーを辞退することは否定。

そして「僕はオリンピックが好きだし、自分が盛り上げられるなら沿道に人が来れないとしても映像で流れたりして盛り上がるなら協力したい気持ちは変わらない」と主張。

その一方で「森さんが会長を続けるんだったら考えを変えなくてはいけない」、「そうしないと淳さんみたいに辞退する人や、ボランティアを辞めたいという人が出てくるかもしれない」と協力者が離れていくことを危惧して森氏へ変化を要求しました。

スポンサーリンク

アンガールズ田中の『決意』に視聴者拍手…「淳とは全然違うわ」

森喜朗氏の失言によって各聖火ランナーとボランティアの動向に注目が集まる中、「盛り上がるなら協力したい気持ちは変わらない」と辞退する意向を強く否定した田中卓志さん。

すると田中さんの発言に番組を観ていた視聴者が次々と反応。

「田中イケメンすぎるだろ…なんでこれで結婚できないんだ?」

「田村淳と違って田中は責任感があるわ」

「淳は火事から逃げただけ、田中は自ら火に飛び込んで人命救助してる」

「偉い!見直した!」

「田中の対応が当たり前だよな。くだらないの一言で職務放棄するとかただの自己満足だし」

「どいつもこいつも森批判しとけという空気の中でよく言ったな。すげえわ」

「淳と全然対応が違くて感心した」

「田村と違って受けた仕事はちゃんとやり遂げるんだね。急に投げ出すとか普通はどれだけ迷惑がかかると考えるけどな」

「淳くん、見てるか?」

などと、聖火ランナーを辞退した田村淳さんと比較するようなコメントが殺到したのでした。

淳さんとは正反対の結論を出した田中さん。

穏便かつ大人な対応だったことは間違いないでしょう。

(文:有馬翔平)