当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

高田延彦、新型コロナをめぐる政府批判で視聴者の反感を買う…「マジで一度病院行った方がいい」

スポンサーリンク
スポーツ選手

画像:時事

28日に放送された「バイキングMORE」(フジテレビ系列)。

同番組に出演した格闘家・高田延彦さんですが、あまりにも的外れな意見を発していたことから、視聴者から反感を買うことになったようです。

高田さんが反感を買った意見とは、一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

高田延彦、新型コロナをめぐる政府批判で視聴者の反感を買う…「マジで一度病院行った方がいい」

28日に放送された「バイキングMORE」(フジテレビ系列)。

この日の放送では、新型コロナウイルス関連の話題を中心に特集が組まれました。

コロナ禍における、政治家の大人数での会食を問題視した同番組、コメンテーターにはいつものメンバーに加えて格闘家・高田延彦さんの姿がありました。

多くの政治家が大人数での会食をしているにも関わらず、我々国民が自粛を強いられているという矛盾に対して話を振られた高田さん。

「そういう方達の、言動とか言い訳ですよね?行動も含めて、やっぱり今の若い人たちの、要所要所、結構人混みが多いじゃないですか?私が一番ガッカリするのは、国政を担っている方たちもそうですけど、何でこの人たちはね、ここまで想像力がないのかなって…。中学生でもわかると思うんですよ」とし、「やった場合には国民からどういう反応が出るのかって、なぜそんな簡単な想像ができないのかって。非常に不思議ですね」と怒りをにじませました。

また、「僕、『勝負の3週間』っていうのは、すごいターニングポイントだったと思うんですよ。『勝負の3週間』っていうのを、政府は本気になってね…封じ込みまではいかないけども、感染者を減少させる、国と国民一体となってね、勝負するんだという期間にも関わらず、勝負に出なかったというのがバレちゃったじゃないですか?」と持論を展開。

「これによってやっぱり、真剣にコロナと闘おうという若者までの…その熱いマインドをね、冷やしてしまうような気がするんですよ。勝負の3週間を勝負しなかった、政府の罪っていうのは重いと思いますよ。」と終始、国政に携わる者への批判をしていました。

高田さんは番組の中で「僕は政府批判をしているわけではない」と強調していましたが、熱く語ったわりには論点がずれた持論を展開していたことから、

《政権批判以外の話は何を話しましたか?マジで一度病院行った方がいい》

《高田延彦ってバイキング に出演して自分の知能の低さを発表しに来たの? 感情論で解決出来ると思ってるんかな?》

《高田延彦、熱く語る割に中身なかった。もっと勉強してからこいよ》

《知らないくせに語るんじゃねーよ。》

《高田さんもうこの分野からは手を引いた方がいいと思います。好感度めっちゃ落ちてますよ》

《高田延彦も何も知らずに適当な事ばかり。こいつら公共の電波使ってメチャクチャやな》

といった意見が寄せられておりました。

 

スポンサーリンク

高田延彦、コロナをめぐる持論展開も「文句あるならRIZINとやらを中止にしてから言え」の声

新型コロナウイルスをめぐる政府の対応や、自粛をしない若者の行動自体を批判した高田延彦さん。

しかしながら、番組中には視聴者から「高田、文句あるならRIZINとやらを中止にしてから言え」や、「若者集めてイベントやる側の高田さんが若者を批判しても説得力ないっすよ」などの意見が。

高田さんは、自身がスポークスマン的な役割を担っている格闘技イベント「RIZIN」の運営に携わっており、今年の年末も、さいたまスーパーアリーナにおいて観客を入れてイベントが行われます。

観戦対策を万全に行なっているとはいえ、「RIZIN」で「蜜」となることが容易に想像されるため、説得力に欠けるのも無理はありません。

高田さんはフジテレビ系列で年末に放送される「RIZIN」の番宣で同局のワイドショー「バイキングMORE」に出演したようですが、もう少し視聴者が納得するような持論を展開するべきだったでしょう。

(文:服部慎一)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez