当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ロンブー・田村淳、森喜朗氏の『逆ギレ会見』を一刀両断…視聴者反発「本当に何様なの?」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

昨日、ここ数日の間に相次いで失言を口にした東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏が謝罪会見を行ったことを特集した5日の「グッとラック!」(TBS系)。

謝罪会見だったものの森氏の態度からさらに批判を招くこととなった事態について、森氏の発言が引き金となって聖火ランナーを辞退した、番組コメンテーターのロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが口を開きました。

しかし淳さんの発言に視聴者から賛否が巻き起こり、「同感」、「何様」と意見が入り乱れる事態に発展しています。

スポンサーリンク

ロンブー田村淳「諦めた」森喜朗氏の会見にあきれ顔

5日、昨日ここ数日問題視されている数々の失言について、失言を発信した本人である東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗氏が謝罪会見を行ったことを「グッとラック!」(TBS系)が特集。

番組コメンテーターのロンドンブーツ1号2号・田村淳さんがコメントを口にしました。

昨日、急遽謝罪会見を開いて失言について森氏は「撤回する」とコメントをしましたが、その後の記者との質疑応答では苛立つ様子を見せ、その森氏の態度に「逆ギレ会見」、「居直り会見」などとさらなるバッシングを招きました。

淳さんはこの森氏の失言に中にあった「コロナに関係なくオリンピックはやる」という発言に不信感を抱き、愛知・犬山市から選出されていた聖火ランナーを辞退していました。

そして昨日の謝罪会見での森氏の態度については「冒頭から人を見下していて、人とのコミュニケーションが取れないくらいの人になっちゃったんだなって僕は感じた」とバッサリ。

さらに、森氏が記者とのやり取りで質問の途中で回答してしまうことについても「質疑応答のルールすらこなせない」と批判。

「人を人と思ってないし、コミュニケーションも取れないので僕は森を諦めました」と厳しい言葉を並べました。

その後「呼び捨てしたって怒られるから森氏にしいておきます」と呼称は訂正したものの、怒りの矛先を森氏へ辞任を求めない組織委員会へ向けて「あれを許せる組織委員会だったら必要ないと思います」と吠えに吠えた淳さん。

辞任の声が上がらない森氏に「どういう力持ってるんですかね?」、「苦言を呈すると消されちゃうんですか?」と苦笑を漏らし、「俺めちゃくちゃ言ってるから消されるんじゃないか?」とジョークを飛ばしてスタジオの笑いを誘いました。

スポンサーリンク

ロンブー田村淳の「森を諦めた」発言に視聴者賛否

森喜朗氏の悪びれた態度のない謝罪会見の様子に「人を見下しているし、コミュニケーションも取れない人物」と森氏を酷評した上、「森を諦めた」と非難の声を上げた田村淳さん。

直後に呼称だけは改めましたが、淳さんのこの発言に番組を観ていた視聴者からは「同感」、「本人も言ってたし粗大ゴミ呼ばわりで十分」などと支持の声が集まりました。

しかしその一方で、

「分別のない人間をコメンテーターに呼ぶな」

「淳くんさ、本当何様なの?」

「人のこと頭悪いとか、コミュニケーションが取れないとか言って笑ってる時点で同罪だよ。森のこと悪く言うんだったら、その前にスタジオの雰囲気にツッコんだ方がいいんじゃないの?」

「田村淳、テレビから消えねーかな」

「最近この人、調子に乗ってるよね」

「淳はたぶん、自分がおかしいと思うものは全て正しくないと思ってるんだろうね」

などと、淳さんの言葉に反発する視聴者の姿も。

昨日、謝罪会見で記者と衝突した森氏。

しかし視聴者の中には記者の態度を問題視する人物も多く、その意識が淳さんの批判に繋がっているようです。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸人
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez