当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ロンブー・田村淳、菅義偉首相へ強烈なダメ出し…視聴者「何様なの?」「許せない線を超えた」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

昨夜、首相官邸で栃木県を除く10都府県で緊急事態宣言の延長を発表した菅義偉首相。

原稿読みからプロンプターに切り替え、延長したことに「国民の皆様へお詫びします」と頭を下げるなどこれまで指摘されていた「発信力」を気に掛ける様子があったことを3日の「グッとラック!」(TBS系)が伝えると、番組コメンテーターのロンドンブーツ1号2号・田村淳さんがコメントを述べました。

すると淳さんのコメントに視聴者は反発が広がり、「許せない」と怒りの声が上がる事態に発展しました。

スポンサーリンク

ロンブー田村淳、菅義偉首相の会見にダメ出し「小池さんの方が上手」

3日、昨夜首相官邸で栃木県を除く10都府県に緊急事態宣言の延長を発表した菅義偉首相の会見の様子を議題に挙げた「グッとラック!」(TBS系)で、番組コメンテーターのロンドンブーツ1号2号・田村淳さんがコメントを述べました。

新型コロナウィルスの新規感染者が連日500人前後にとどまり、緊急事態宣言解除の目安とされていた数値まで感染者数が減少していた東京都内。

しかし、依然として続く医療現場のひっ迫した状況などを鑑み、菅首相は来月7日までの延長を決心しました。

その会見の際、これまで野党議員や報道各社の指摘を意識したのか菅首相はこれまでの原稿読み上げるスタイルからプロンプター(原稿映写機)を使用したスタイルに切り替え、さらに「私もともに悩んだ」、「ご協力を国民のみなさんにお願いします」と頭を下げるなど、「発信力」を気遣うような様子が。

会場の記者からもプロンプターの導入に質問が飛ぶなど注目が集まったことに、スタジオで耳を傾けていた淳さんは「良くなっている」と一定の評価はしたものの、「内容に目を向けないといけない」と会見のスタイルよりも内容に注目すべきと釘をさしました。

そして「寄り添い方は小池(百合子都知事)さんの方が上手いなって思いました」と菅首相の会見をまだ未熟とした淳さん。

また、政府が緊急事態宣言延長にあたり改めて発表した感染対策についても「政府が思っている不要不急の行動がメッセージとして伝わるかどうか」と抽象的と指摘し、「ちゃんと明言してほしい」と政府に対し具体的な感染対策を要求したのでした。

スポンサーリンク

田村淳の強烈なダメ出しに視聴者ブチギレ…「許せない線を超えた」

菅義偉首相が昨夜行った会見に対し、「小池さんの上手」、「総理は悩んで当然」と厳しい批判を加えた田村淳さん。

しかし淳さんの厳しいダメ出しをテレビ前で観ていた視聴者からは反発が相次ぐことに。

「昨日の菅総理の会見を鼻で笑い『小池さんの方が上手』と言ったロンブーは私の中で終わった。許せない線を超えました」

「政府が何でもかんでも方針を示せ?全部政府に決めないと何も決められないのかよこのドアホは!」

「一見マトモに聞こえるけど、よくよく考えると中身スカスカだよね淳は」

「何様なのこの人…」

「淳は文化人気取りもいい加減やめた方がいい」

「この番組は淳をはじめ芸人を文化人みたいに起用した時点で終わってるよ。番組終了するみたいだけどスタッフがアホだったっていうことだよね」

などと、繰り返される政府への批判に厳しいコメントが寄せられました。

会見のスタイルを切り替えたにもかかわらず、相変わらずの政府批判を繰り返した淳さん。

度を超した批判は「わがまま」と感じる視聴者が多かったということなのでしょう。

(文:有馬翔平)