当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

市野瀬瞳、『さんま御殿』での強烈なキャラに視聴者拒絶反応…「マジで無理」「目のむき出し方が気持ち悪い」

スポンサーリンク
アナウンサー

 

26日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列)。

この日、同番組では「勝気女子アナが気弱男子にダメ出しSP」と題した企画が放送。

名古屋市にある中京テレビの元アナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの市野瀬瞳さんが出演しました。

番組内ではオードリー・若林正恭さんをディスる姿に批判が殺到。

一体、どのような番組内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

元・中京テレビ市野瀬瞳アナ、強烈なディスりに視聴者拒絶反応「イヤな感じ」

26日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列)。

この日、同番組では「勝気女子アナが気弱男子にダメ出しSP」と題した企画が放送。

名古屋市にある中京テレビの元アナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの市野瀬瞳さんが出演しました。

番組内で「この人ないわ〜と思う異性の言動」として、「男性が小ライスを頼んでしまったら、私は大ライスを食べたいのに食べられなくなってしまう」、「デートで高速代出したから(倍もする)食事代はあなたが払ってとはじめての遠出で言われて許せなかった」など、目をひんむいて熱弁する市野瀬さん。

さんまさんから「男性の気持ちも察してあげて」などフォローされるも、なぜそこまで男性に忖度しなくてはならないのかと、ことごとく反論します。

続けて、男性から「ヒールをカツカツ音立てて歩いてカトパン(※加藤綾子アナウンサーの愛称)と勘違いするな」、その男性が本を出版したので購入し感想を述べたら「自腹で買って読んだアピールか!」と失礼な言動を取られ、憤慨した過去を話します。

さんまさんも「それはちょっと酷いけど、本を出す人間て…」と言った所で、その男性がお笑い芸人のオードリー・若林正恭さんであることを暴露。

これには共演した男性陣や女性陣から「若林君はそんな人じゃない」「そんなことないですよって話しのきっかけにしたかったはず」とフォローされると、むっとした表情で「勉強になります」と一言。

その後も男性陣が一言ったら十返すような強気な発言が続き、視聴者からは

《市野瀬瞳や、地方アナのぐいぐいくる感じしんどい。全国ネットでやるなら少し引き算を覚えようか》

《常にキンキン声でまくしたてるので、なんかうるさくて苦手なタイプ》

《そんな高圧的な話し方してたら若林にも嫌な態度とられるわ。》

《喋り方とか表情がマジで無理やわ》

《イッチー(※市野瀬瞳さんの愛称)の若林さんを使った売名?》

《話しを聞いたりする時の目のむき出し方は気持ち悪かった。必死だったのかも知れないが気の強さ、性格の悪さが出ていたような気がします。》

《爪跡残そうと必死だったけど、根の性悪さが全国に広まったかんじでした》

など、爪痕を残さんと売名行為に必死だった姿に拒絶反応が相次ぎました。

スポンサーリンク

35歳でフリーに転身、「今はもっと嫌われてみたいという思いもある」

2020年、約8年務めた中京テレビを退職し、35歳で局アナからフリーアナウンサーへと転向した市野瀬さん。

9月にはYouTubeチャンネルを開設し、激辛食レポなど女性アナウンサーらしからぬ体当たりの挑戦を続けています。

市野瀬さんは「局アナと違い、今は自分が商品。誰も守ったり助けてくれないので、自分一人の力でやれるところまでやりたい」とインタビューで語っています。

続けて「局アナ時代はおおむね好かれていたが、今はもっと嫌われたい思いがある。万人に好かれるなんて都合のいい事はそうそうない。誰かに嫌われた分、誰かの一番になれたらいい」と、フリーアナウンサーとなりやってみたい事には貪欲にチャレンジしたいと言う思いを吐露。

今後の目標は、局アナという足かせから解き放たれた自分を見てもらいたい事だと語る市野瀬さん。

今回の「踊る!さんま御殿!!」で見せた姿は、素の姿ではなくある程度は作ったキャラクターだったようです。

これだけの批判コメントが殺到したと言う事は、市野瀬さんの目論みは当たったという事なのかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)

▼市野瀬瞳さん

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アナウンサー
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez