当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

平手友梨奈、『イッテQ』での言動に視聴者驚愕「今までのイメージと違う」「笑うんだね」

スポンサーリンク
アイドル

画像:時事

3日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)。

ゲストに元欅坂46のメンバーでセンターを務め、現在はソロで活動している平手友梨奈さんが登場しました。

欅坂46のメンバーとして活動していた時の無愛想な姿とは打って変わり、笑顔溢れ無邪気にはしゃぐ姿に視聴者らが驚愕しました。

一体どのような内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

平手友梨奈、「イッテQ」に登場!笑顔ではしゃぐ姿に視聴者驚愕「可愛すぎる」

3日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)。

同番組内ではこの日、MCの内村光良さんとゲストの平手友梨奈さん(元欅坂46)が、日本の伝統芸能に挑戦し、「新春隠し芸取得ツアー」と題して、内村さんが心強い相棒と共に、日本各地の伝統芸やユニークなパフォーマンスに挑戦する企画が放送されました。

平手さんと内村さんは、2019年の『NHK紅白歌合戦』で共演して以来、約1年ぶりの再会となります。

密かに平手さんの大ファンという内村さん。

平手さんが登場すると、「違う!違う!違う!ウソでしょ!?マジで?本物だよね?ちょっと立てません」と腰を抜かし、「イモト(アヤコ)が安室(奈美恵)さんに会った時ってこんな感じだったのかな」と驚いて見せます。

平手さんは内村さんと福岡県の無形文化財「筑前博多独楽(こま)」に挑戦。

平手さんが赤いジャージ姿に変わり、こままわしを笑顔を見せながらも懸命に練習します。

飽き性を自認するだけあり集中力が続かないものの、すぐに上達する平手さんはせっかちに次のステップへ進み、めきめきと上達。

羽子板とこまを使った芸もなんなくこなし、相棒の内村さんを応援しようとカメラの前で自由気ままに踊り、はにかむ姿を見せます。

本番では「ライブ並みにすごく緊張しています。すごいプレシャー」と語った平手さんですが、赤と黒のモダンな着物姿で伝統芸を鮮やかに披露。

手乗せ独楽(こま)や羽子板の芸も見事に成功させ、はじけるような笑顔を見せました。

平手さんが披露した見事な芸のほか、欅坂46時代にはネガティブで暗く、笑うイメージがなかった姿とは正反対の愛くるしい満面の笑顔を見た視聴者からは

《てっちゃん(※平手さんの愛称)何やっても上手なのね》

《てち(※平手さんの愛称)が可愛すぎる》

《平手友梨奈ちゃんほんとに可愛かったまたバラエティでてるのみたい!!》

《平手さんってこんな感じで笑うんだね》

《平手友梨奈ちゃんの笑顔は世界救います》

《イッテQの平手友梨奈見たら1発で好きになるわ。普通に笑顔が可愛いしソロ曲もカッコいい。推せる》

《朗らかで温かい笑顔や、素直な表情を見てやっぱりこの子可愛いなって思った。》

《今までのイメージと違ったけど、イッテQで笑う平手友梨奈最高にかわいい。》

など、見事な手さばきを披露した姿とともに、その愛らしさを絶賛する声が殺到。

Twitter上では「#イッテQ」とともに「#平手友梨奈」もトレンド入りを果たしました。

スポンサーリンク

平手友梨奈ってこんなに笑う人だった?無愛想でネガティブじゃないの?

元欅坂46のメンバーだった頃は、無表情で仏頂面のイメージが強かった平手さん。

ですが、元々は年相応に明るくどこにでもいる元気な女の子だったようです。

デビューしたての頃、テレビで愛らしさ満点で満面の笑顔を見せていた姿を覚えているファンも多かったようで、デビュー当時の平手さんが戻ってきて嬉しく感じたという投稿も見られました。

音楽で見せるパフォーマンスは、キレキレのハードなダンスで、そのギャップに驚く視聴者もいますが、素は純粋で可愛い女の子なのだとか。

平手さんのたくさんの笑顔が見られたことが、ファンにとっては一番のお年玉だったのかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイドル
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez