当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

丸山礼、「NiziU」の魅力解説にスタジオドン引き…大暴走に視聴者も「イタイ」「下品」とあ然

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

今月にデビューを果たし、大みそかのNHK紅白歌合戦にも史上最速となる出場を決めた人気ガールズグループ「NiziU」を特集した21日の「ひるおび!」(TBS系)。

NiziUの魅力について、モノマネタレント・丸山礼さんがファンの一人として熱弁しました。

しかし、NiziUの魅力を熱く語る丸山さんの姿に視聴者らはドン引き。

「もうやめて!」、「あまりにも痛々しい」などと視聴者から厳しい声が相次いだ、丸山さんの熱弁ぶりとはどのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

丸山礼、「NiziU」の魅力解説にスタジオドン引き…モノマネを挟む大暴走に出演者も苦笑い

21日、今月はじめにデビューを果たし、大みそかに行われるNHK紅白歌合戦の史上最速出場を決めたガールズグループ「NiziU」について特集を組んだ「ひるおび!」I(TBS系)で、モノマネタレント・丸山礼さんがその魅力について熱く語りました。

日韓合同オーディション「Nizi Project」で誕生した同グループは、オーディションの当初から映像が配信され、プレデビューとして配信された「Make you happy」のダンスをきっかけに大ブレイク果たしました。

そのNiziUの魅力について問われた丸山さん、「オーディションも見守って、デビューも見守って…自分の妹のような存在」とデビュー以前を知るからこそハマるものがあると口に。

また経済アナリスト・原田曜平さんから「丸山さんが(NiziUの)マネしすぎてて、丸山さんみたいな女子高生がいっぱいいます」とNiziUの人気に一役買っていたことが説明されると、丸山さんは喜びを爆発させSNSで公開しているモノマネを突如披露したのです。

しかし、あまりNiziUを知らないスタジオの出演者は苦笑い。

ただ一人はしゃいでることに「ついてきてますか?」と丸山さんは不安そうに周囲の様子をうかがったのです。

ただ、丸山さんはその後も一人で盛り上がり、NiziUのオーディション時、苦手を克服していくメンバーの姿にも声を大にしてその魅力を語り尽くし、再び周囲を置いてきぼりに。

そして終始一人で熱弁を振舞った丸山さん、明日の韓国映画「愛の不時着」特集にの予告にも「明日も出たいです」と強く要望を出し、大興奮の様子を見せつけていました。

 

スポンサーリンク

丸山礼、「ひるおび」での大暴走に視聴者もあ然…「イタイ人だな」、「下品すぎる」などと批判が殺到

NiziUの魅力について一人で熱弁し、周囲と明らかに温度差を生んでしまった丸山礼さん。

そんな丸山さんの暴走ぶりに、番組を観ていた視聴者もあ然。

「もうやめて!」

「丸山というタレントがとにかくうるさすぎた。これだったらフワちゃんの方がマシ」

「ケダモノを見た」

「空気感が一般人とオタクのそれだった」

「とにかくイタイ人だな」

「丸山礼を見てたら頭痛くなってきた…昼間に出してはダメな人だな」

「周りからドン引きされとるで…とりあえず落ち着け」

などと、あまりのはしゃぎぶりに批判が寄せられる事態に。

全国放送で自身の好きなNiziUの魅力を伝えたかった丸山さん。

しかし、その熱狂ぶりが先行してしまい上手く魅力を伝えることはできなかったようです。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez