当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

坂上忍、生放送で激高!アンジャ渡部の会見を巡る発言に「もはや恫喝」「しつこい」と視聴者もドン引き

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

先週都内で行われたアンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見について取り上げた9日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

この放送中、番組MCの坂上忍さんがスタジオに登場した芸能記者らへ敵意をむき出しにする場面が。

「熱くなりすぎ」、「「もはや恫喝」と視聴者もドン引きした、坂上さんの激高ぶりとは一体?

スポンサーリンク

坂上忍、「バイキング」で解説員を恫喝?「リンチだよ」アンジャ渡部の会見を巡ってガチギレ…

9日、先週都内で行われたアンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見について取り上げた「バイキングMORE」(フジテレビ系)で、番組MCの坂上忍さんがスタジオの芸能記者らへ激高する一幕がありました。

今年6月、週刊誌によって複数の女性との不倫関係が報じられると、無期限の芸能活動休止を発表した渡部さん。

それからおよそ半年ぶりに姿を現した先週の会見では、不倫の事実を認めると集まった記者らに謝罪をしました。

しかし現在、その会見で物議をかもしているのは渡部さんの言動ではなく、集まった記者らが渡部さんに投げかけた質問の数々。

渡部さんが復帰する可能性があった番組名の一部を使い、「我々もガキの使いで来てるんじゃない」と渡部さんをなじる様子にバッシングが上がったのでした。

この記者の言葉に立腹した坂上さん、「リンチだよ。大の大人があんだけ集まってあんなことができたんだってなっちゃったんじゃない」と解説として出演していた芸能記者に詰めよることに。

さらにインターネットで会見の様子を中継したことに触れ、「聞き手が黒子に徹することはできないのか」、「主役がいようが何しようが、それを見て決めるのは視聴者。でもあの会見はそうじゃない。何回も答えられない質問を聞くって『答えられない』というのが一つの答えなんですよ。それを視聴者にゆだねることができるじゃないですか。なのになんで記者の人たちがそこまで答えを求めるのか疑問だった」と、声を荒げ視聴者の求めている答えと、記者が求めている答えに「ズレ」があったと主張しました。

坂上さんの激高ぶりに、元週刊文春記者の中村竜太郎氏も「報道陣である我々も大いに反省することはあった」と猛省する様子を見せ、スタジオは水を打ったように静まり返りました。

 

スポンサーリンク

坂上忍のガチギレに視聴者ドン引き…「もはや恫喝」「うんざり」などと批判相次ぐ

渡部建さんの会見で記者らが取った行動に激高した坂上忍さん。

しかし、怒り狂う坂上さんの様子に番組を観ていた視聴者からは呆れ声が上がりました。

「坂上、おまえがやってることとその記者がやってることは同じことだよ」

「これってもはや恫喝だよね。見てて気分悪い」

「しょーもな。なんでこんなにキレてんだか」

「だいたい会見に行ってない記者に怒ったって仕方ないじゃん。それなのにあーだこーだ言うのはイジメでしょう」

「マジでこんなケンカ腰でしか話せないやつ苦手」

などと厳しい言葉が並びました。

先週の会見直後は記者らに批判が寄せられていましたが、なぜ坂上さんは今回逆に批判を受ける立場になってしまったのでしょうか。

「さすがに『しつこい』というのはあるのではないでしょうか。坂上さんは先週4日の放送でも同様に記者らに詰め寄ってますし……そもそも渡部さんの会見ネタを未だに扱っているのは『バイキング』だけですからね、視聴者も辟易としているのだと思います」(芸能ライター)

先週から何度も同じことを繰り返している坂上さん。

抜いた剣の納めどころを間違えれば、記者以上のバッシングを受けることになってしまうのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)