当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

おぎやはぎ小木「お願いします」アンジャ・渡部の会見に『異例』の要望…記者へNG項目を突き付ける

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

アンジャッシュ・渡部建さんが近日中に会見を開く可能性について報じた2日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

その放送中、渡部さんと同じ芸能事務所に所属するおぎやはぎ・小木博明さんが会見の際して、記者へ異例のお願いをする事態が。

「NGで」と小木さんが強く要望した、その内容とは一体?

スポンサーリンク

おぎやはぎ小木「お願いします」アンジャ・渡部の会見に『異例』の要望…記者へNG項目を突き付ける

2日、アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見が近日開催される可能性について報じた「バイキングMORE」(フジテレビ系)で、渡部さんと同じ芸能事務所「人力舎」に所属するおぎやはぎ・小木博明さんが口を開きました。

「色々知ってんでしょ?」と番組MCの坂上忍さんから指摘を受けた小木さんと、その相方の矢作兼さん。

その指摘に「会見の有無は何も言うなと言われている」と事務所から通達があったことを明かしましたが、それ以上のことは何も聞いていないと釈明しました。

ただ、2人も会見の内容は気になっているようで「会見でウソだけはついてはいけない」と数々の会見を同番組を通して観てきた矢作さんがアドバイスを送ると、小木さんが「記者に約束してほしいのは、『これ以上ないですね』という質問はなしでお願いしますということ」と、開催されるであろう記者会見に際して要望を出したのでした。

「後になって何か出てきた場合、ウソになってもっと痛手になってしまう」、「今回、週刊誌で取り上げられた中だけの質問にしてください」と、会見に臨む記者へ異例とも言える「お願い」を出した小木さん。

さらに番組では「オンライン会見」での可能性にも触れ、記者の追及から逃れやすいことも分析、事務所的には「オンライン」かつ、「『これ以上ないですね』という質問ナシ」という会見が望ましいと総括されていました。

 

スポンサーリンク

坂上忍は異なる意見…「さらし者になる覚悟で」

渡部建さんの謝罪会見の可能性に、「『これ以上ないですね』という質問ナシ」というお願いを出した小木博明さん。

しかし、坂上忍さんは予防線が張られた会見に疑問を抱いた様子。

「後追いっちゃ後追い」

渡部さん側の行動が全て後手に回っていることを指摘した坂上さんは、「リポーターの人たちに手加減させないくらい、さらし者になる覚悟でやって」と、徹底的に追及されることが望ましいとコメントしました。

そして最後に「僕がオススメするのは、とにかく泣くってこと」と助言を送りスタジオの笑いを誘っていました。

(文:有馬翔平)