SNSで最新の記事を受け取る

最上もが、突然の妊娠発表に「夫は誰なの?」「子供の父親が誰かわからんやつ?」と疑問の声相次ぐ

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

12日、自身のブログやインスタグラムを更新したタレント・最上もがさん。

妊娠したことを報告しましたが、それと同時に結婚をしないことも公表。

夫や子供の父親について、ネット上からは「誰なの?」といった声が寄せられております。

ad
スポンサーリンク

最上もが、第一子の妊娠を公表 結婚はせず

12日、自身のブログやインスタグラムを更新したタレント・最上もがさん。

「この度、新しい命を授かりました。」とつづり、第一子を妊娠したことを報告しました。

結婚については「今のところ結婚の予定は御座いません。家族や友人たちに相談しつつ、たくさんの協力を受けながら過ごしております。」としており、結婚はしないよう。

現在は、つわりなどが酷いために体調が優れないとのことですが、今後については「これからもいろんなカタチで最上もがを伝えていけたらなと思っています」と前向きな意見も。

最上さんはアイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバーで、現在は映画やドラマや、CM出演など幅広い活動をしている方。

そんな最上さんの突然の妊娠報告であるだけに、ネット上からは

《もがちゃんおめでとう。幸せなお知らせで今日も頑張れます。お体に気を付けて下さいね!》

《結婚願望はないけど子供はほしいなという気持ちを、これも一つの道だよーって教えてくれた気がしてとても嬉しかったです》

《未婚でも子どもを持つという選択をされたことはとても励みになります。ありがとうございます!子育て頑張ってください!》

などの祝福の声が寄せられております。

 

スポンサーリンク

最上もが、突然の妊娠に「夫は誰なの?」「子供の父親が誰かわからんやつ?」と疑問の声相次ぐ

突然の妊娠報告をした最上もがさん。

ネット上からは祝福の声が相次いでいる一方、「夫って誰なん?」「子供の父親が誰か分からなくなった感じ?」との意見も。

今年4月15日、自身のインスタグラムに結婚について言及をしていた最上さん。

「まず、結婚願望がないです。」とつづり、「良いパートナーと出会えたとしても”結婚”を選ぶかは別だと思ってます」と、あくまで結婚せずに子供を育てるという結婚観を語っていました。

この投稿をInstagramで見る

FF14のドレス👗 これもコメントにちょいちょいあったので〜。 2019年のだから去年ですね。 近年、ぼくのまわりも結婚する人が増えてて その度に「もがちゃんは結婚しないの?」 ってコメントがたくさんきました。笑 結婚についてよく質問くるのでかいておきますね。 まず、結婚願望がないです。 学生時代とかはなんとなく、 みんなが結婚するもんなんだ、とか、結婚したら幸せになれるんだーなんて思ってましたが 大人になるとそうじゃないってことがよくわかって “結婚”というものに憧れがなくなりました。! だから、”この人となら結婚したい”と思える人と出会えて 相手も同じ気持ちなら、結婚という契りを交わす可能性はあります。 って感じなんですよね。 でも良いパートナーと出会えたとしても “結婚”を選ぶかは別だと思ってます。 今年31になったからか、「まだしないの?」て言われることも増えて(身内じゃなく、ファンの人とかに) まだ、といわれても、今後もしないかもです笑 孤独死するかもなーとかふんわり考えることはありますけど だからと言って、結婚するのが幸せかわからんです。 ひねくれてるのかもしれませんけど。笑 もちろん幸せな家庭はたくさんみてますけど そうじゃない人たちもみてますし。 人それぞれ幸せの形はあると思ってるので “結婚すれば勝手に得られるもの”とは捉えてないです。 あ、子どもは欲しいです、とても。 でもこれも、じゃあ子どもが欲しいなら結婚したいんじゃん!て言われるんですが それとこれとは別ですし、結婚してなくても育て方の工夫はできると思ってます。 周りにも結婚せず子どもをきちんと育てている方を知っています。 「そんなのは子どもにとって不幸だ!」て言う人もいるかもですが、ぼくはそう思ってません。 これも人それぞれでいいとおもいますし 他人の価値観に口出すことじゃないと思います。 というのがぼくの結婚観?でした! とりあえず、結婚しない女を余り物だとか不幸だとか勝手に決めつけないで😂て思います!

最上もが(@mogatanpe)がシェアした投稿 –

妊娠や子供を授かるという行為は、少なからず相手やパートナーがあって成り立つことですが、最上さんの結婚観に基けば、そこには「結婚する」という選択肢はないのでしょう。

インスタグラムでも「結婚してなくても育て方の工夫はできると思ってます」と力強く宣言をした最上さん。

相手については言及されておりませんが、1人の母親としてしっかりと子育てを頑張ってもらいたいものです。

(文:服部慎一)