SNSで最新の記事を受け取る

杉咲花、実の母親をダマしていた!生放送中に暴露するも…「世界一可愛いウソ」と言われたワケ

スポンサーリンク
俳優

画像:時事

31日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)。

同番組で映画「青くて痛くて脆い」(8月28日公開)に出演している女優・杉咲花さんが、母親についたとある「ウソ」を告白。

そのウソに、視聴者は「世界一カワイイ」と絶賛しました。

視聴者も思わずホッコリした、杉咲さんのウソとは?

スポンサーリンク

杉咲花、実の母親をダマしていたことを告白…「世界一可愛いウソ」と言われたそのワケとは?

31日午前に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)。

この日、同番組で先週公開された映画「青くて痛くて脆い」の初日舞台あいさつの模様が放送され、同映画で主演を演じた女優・杉咲花さんが、実の母親についたウソを告白しました。

杉咲さんが、母親にウソをついたのは幼少期。

当時フライドポテトが好きだった杉咲さん、母親も同じくフライドポテトが好きだったようで、その中でも「フニャフニャ」になったポテトが好きだったのだそう。

その母親が「フニャフニャ」なポテトを見つけて喜んでいる姿に杉咲さんは、ある「行動」に。

「指でポテトをつぶして、(フニャフニャになったものを)母親に渡していた」

母親に喜んでもらいたかった杉咲さんは自分でポテトを「フニャフニャ」にして、母親を喜ばせていたというウソを告白。

会場から漏れる失笑に、「すみません。くだらなくて……」と謝罪の言葉を述べましたが、これに「スッキリ」のスタジオ出演者は「世界一可愛いウソじゃないですか?」と、絶賛。

番組を観ていた視聴者も、

「可愛すぎるだろ!」

「笑ったwww花ちゃんがとにかくカワイイだだった」

などと、杉咲さんの可愛すぎるウソにホッコリとしていました。

 

スポンサーリンク

映画「青くて痛くて脆い」上々の発進!注目は表情?

母親についたウソを告白した杉咲花さん。

その杉咲さんが出演している映画「青くて痛くて脆い」は、先週28日に好発進を切りました。

原作は「君の膵臓をたべたい」(角川文庫)で大ヒットを収めた、住野よるさんの第五作目小説が基になっており、「君の膵臓をたべたい」とは全く正反対のダークな雰囲気を醸し出していることが特徴です。

そのダークさをまとった物語ももちろん上々の評価を得ていますが、特に「良かった」と絶賛されているのが、主演である杉咲さんと吉沢亮さんの演技。

吉沢さんや杉咲さんが演じる大学生の、わずかな心の動き方が映画ファンの間で注目を集めていました。

今夏最大の話題作「青くて痛くて脆い」、必見です。

(文:有馬翔平)