SNSで最新の記事を受け取る

上地雄輔「なんとなく、マイホーム購入しました」突然の報告に、ファンから称賛の声

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

11日に俳優の上地雄輔さんが、自身のInstagramを更新。

上地さんが自身のマイホームを購入したと報告し、話題になりました。

上地さんのマイホームとは、どのようなものなのでしょうか。

ad
スポンサーリンク

上地雄輔、マイホーム購入報告も…「お家じゃないのね」「ホームベースの方か」の声

11日に俳優の上地雄輔さんが、自身のInstagramを更新。

上地さんは野球好きと知られており、高校時代は現・西武の松坂大輔選手とバッテリーを組んでいたほど。

そんな上地さんがマイホームを購入した、と報告しました。

上地さんの投稿は、実際の家ではなく、野球のホームベースの写真でした。

この投稿を見たファンからは、

「お家じゃないのね」

「マンション買ったのかと思った笑」

「ホームベースの方か笑」

と、 上地さんのマイホームの購入に、騙されたとの声が多く寄せられました。

 

スポンサーリンク

上地雄輔の野球人生とは?高校時代の辛い怪我が俳優への道を選ばせた!?

マイホーム購入の報告をするも、上地さんは実際の家ではなく、野球のホームベースの写真を投稿しました。

上地さんは野球好きとして知られているのですが、上地さんの野球人生とは、どのようなものなのでしょうか。

上地さんは6歳から野球を始め、小学校・中学校時代に日本代表に選抜されており、多数の高校からオファーが殺到したとのこと。

甲子園常連校の横浜高校が、年に3人しかない取らないという特待生に上地さんは選ばれ、メジャーリーガーとしても活躍した平成の怪物・松坂大輔さんとバッテリーを組むようになります。

しかし、2年生の時に右肘の神経が断裂してしまい、後輩に正捕手の座を譲ることに。

この怪我もあり、上地さんは甲子園の出場はできなかったのですが、複数の大学からオファーがかかるも芸能界にスカウトされ、俳優の道を進むことを決断。

当時を振り返り上地さんは、怪我がなければ野球を続けていたと語っており、怪我をきっかけに人生を考えるようになったようです。

プロ野球選手にはなっていないものの、上地さんはプロ野球選手に匹敵するほどの才能の持ち主でした。

マイホーム購入報告で、野球のホームベースを公開した上地さん。

高校時代の怪我がなければ、プロ野球選手として上地さんは大活躍していたかもしれません。

(文:M.K)