SNSで最新の記事を受け取る

みちょぱ、『アメトーーク!』に出演も…セクハラをめぐり炎上「女性の価値ってそこで決まるの?」

スポンサーリンク
タレント

出典:池田美優公式Twitter

2日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系列)。

同番組では、モデルの「みちょぱ」こと、池田美優さんにフォーカスを当てる企画「実はみちょぱスゴイぞ芸人」が放送され、みちょぱさんの凄さについてトークが繰り広げられました。

みちょぱさんのバラエティ番組での対応に称賛の声が上がる一方、ネット上からはセクハラに対する価値観の違いに疑問の声も上がっております。

スポンサーリンク

みちょぱは本当にすごい!バラエティ慣れした芸人も感心

2日放送された、テレビ朝日系列のトークバラエティ「アメトーーク!」

同番組は、毎回テーマをくくり、そのテーマに関して詳しい芸人さんがゲストとして登場して、トークを繰り広げます。

今回の企画は「実はみちょぱスゴイぞ芸人」。

みちょぱこと、モデルの池田美優さんにフォーカスを当て、その魅力を視聴者に伝えるといった内容です。

今回、同企画にゲストして呼ばれたのは以下の芸人さんで、いずれもトーク番組やバラエティ番組慣れしたプロで、スペシャリストの面々。

  • かまいたち
  • ロッチ・中岡創一
  • オアシズ・大久保佳代子
  • 陣内智則
  • バイきんぐ・小峠英二
  • ずん・飯尾和樹
  • アンガールズ・田中卓志

上記の芸人さんが、トークを進めていく中、オアシズ・大久保佳代子さんは唯一の女性出演者でありましたが、みちょぱさんのバラエティ番組での立ち回りに、「対応力はすごい認めざるを得ない」と感心していた様子。

また、この他にも、みちょぱさんと共演した経験のある芸人さんが次々と、みちょぱさんにまつわるエピソードを話し、その凄さや魅力を視聴者や、MCの雨上がり決死隊・蛍原徹さんに説明する場面も。

みちょぱさんは、バラエティ番組には欠かせない存在であるとした上で、多くの芸人さんは、その柔軟な対応力やトークのワードのセンス、カメラに写る際の表情の豊かさなどが『素晴らしい』と、ベタ褒めをしておりました。

みちょぱさんの魅力が再発見できる内容に、番組を見た視聴者からも、

「みちょぱって、確かに番組でよく見るけど、玄人にしか分からない凄さなのかも」

「みちょぱすごい!やっぱバラエティのプロに解説されると凄さが伝わる!!」

など、みちょぱさんのバラエティー能力やセンスに、脱帽する声が寄せられておりました。

 

スポンサーリンク

みちょぱに対するセクハラをめぐり、炎上!「いつまでその価値観なの…?」

みちょぱさんの魅力を伝える企画を放送した、今回の「アメトーーク!」。

放送の中では、みちょぱさんのセクハラに対する対応力の高さも話題に。

MC・蛍原さんから「他、何かある?」と、みちょぱさんに対するエピソードを振られた、お笑いコンビ、かまいたち・山内健司さんは「下ネタに対する線引きが絶妙」という話題を提供します。

山内さんからすれば、女性タレントにとって、難しいであろう「下ネタ」や「セクハラ」への対応を完璧にこなしているというみちょぱさん。

番組内ではみちょぱさんが過去にされた「下ネタ」や「セクハラ」まがいの行動を紹介し、「この対応はスゴい」と褒める方向に。

しかしながら、このセクハラへの対応力が女性タレントの出演基準にも繋がりかねない内容に、

「セクハラの対応力しか語られてないじゃん…… 女性タレントのバラエティの価値ってそこで決まっちゃうの?」

「『セクハラを上手くかわせるのがスゴい』っていう価値観に違和感しか感じない」

「みちょぱのセクハラへの対応が良いから起用するって、製作陣はいつまでその価値観なの?」

と、炎上する事態に。

トーク力に加え、リアクションやロケの進行、スタジオでの立ち回り、共演者との関係性など様々な能力が求められるバラエティタレント。

しかし、みちょぱさんのように「セクハラへの対応力」が選考基準となっているのであれば、制作サイドは一度、見直した方がいいのかもしれません。

(文:S)