当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

みちょぱ、大阪府の『若者対策』にトンデモナイ被害妄想を展開

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

連日、新型コロナウィルスの新規感染者が1000人を超えている大阪府。

昨日には流行拡大を防ぐために、大阪府知事・吉村洋文氏が小中学校をはじめ教育機関へ部活動の制限やオンライン授業の要請を行いました。

すると、若年層が再び制限を受けたことに番組コメンテーターのタレント・みちょぱさんが難色を示すコメントを口に。

スポンサーリンク

みちょぱ、若者世代への制限に猛反発「大人だってできてないくせに」

15日、連日新型コロナウィルス新規感染者が1000人を超えている大阪府で吉村洋文知事が要請した内容を特集した「スッキリ」(日本テレビ系)。

再び学生に対し厳しい制限がかけられる見通しとなったことに、番組コメンテーターのタレント・みちょぱさんが怒りをあわらにしました。

昨日、小中学校へ部活動の休止、大学へオンライン授業の原則実施を要請した吉村氏。

またもや学生らの行動が制限されることに、みちょぱさんは「私もまだ22歳なんで、まだ若者世代という括りに入っている」として「聞いていると『そこまで若者世代の所為なのか?』って感じがしてしまって、今までと同じ行動をしていると罹りやすいという言い方だったらわかりやすいですけど、こうやって制限されちゃうと悪者のような感覚が」と、大阪府の要請に難色を示したのでした。

さらにみちょぱさんの不満はおさまらず、「確かに気をつけなきゃいけないとは思いますが、気をつけている側からすれば大人の方が大勢で会食とかニュースに取り上げられる率が高いから『大人だってしてるじゃん』と」と、怒りの矛先を大人へ。

「大人だってできてないくせに何言ってるんだと思っちゃうわけですよ」と終始大阪府の要請に反発しました。

スポンサーリンク

猛批判に「コメンテーターの器ではない」

大阪府が学生の活動を制限する要請を行ったことに対し、難色を示したみちょぱさん。

このみちょぱさんのコメントに、視聴者は「スッキリした」と支持の声が。

しかしその一方で、

「みちょぱは若者世代なんだろうけど、若者ばっかり悪者にされているというか怒りのコメントばかり。コメンテーターの器ではない」

「みちょぱの言い分はわかるが、でも違う。若者の感染率は低いと言われていたことが、今もって盲信しているやつらが多いと思う。路上で騒いで飲んでいるやつらは若者共だ。マスコミで擁護するような発言は慎んでいただきたい」

「みちょぱ!それは違う!若者のせいなんて一言も言ってないよ?出歩いている人のせいだよ?若者の感染が増えているのは事実で、もちろん大人も増えているし、だからこそ特にこれ以上感染者を増やしたくないからこその対策で、普通の意見だと思うよ?」

「みちょぱさんにはもう少し軽い、うわべばかりのコメントではなく、22歳の大人としての責任のある発言をしてほしいです。気分が悪い」

「みちょぱは若者バッシングを被害妄想で文句を言うのではなく、これ以上若者が悪者扱いされないように街中で騒ぐ、時短に応じない店に行かない、路上飲みはしないで大人を見返そうと発信するのが役目なのでは?」

「みちょぱのコメントにはがっかりだな。若者が悪くないは理解するけど、活動抑えようぐらいはインフルエンサーとして発言してほしかった」

と、大阪府の要請を過剰的に捉えたみちょぱさんへ厳しいコメントも。

これまで自治体、メディアから新型コロナ流行における「諸悪の根源」のように扱われてきた若者世代。

ただ、大阪府で30代以下の感染が50%を超えている事実がある以上、今回のコメントは正当ではないと感じる視聴者が多かったようです。

(文:有馬翔平)