G.G.佐藤の引退は、北京五輪の落球が原因?『爆報!THEフライデー』が戦犯として報道し、炎上

スポンサーリンク
その他

21日に放送された「爆報!THEフライデー」(TBS系列)。

先日、虚血性心不全で亡くなった野球解説者・野村克也さんを特集した、この日の放送。

その中で、野村さんにゆかりのある元プロ野球選手・G.G.佐藤さんが登場しましたが、G.G.佐藤さんの紹介が「間違いだらけ」だと、批判が殺到しています。

同番組は一体、どのような誤報をしたのでしょうか。

スポンサーリンク

「爆報!THEフライデー」、G.G.佐藤を五輪の戦犯扱い?引退のきっかけは…

21日夜に放送された「爆報!THEフライデー」(TBS系列)。

この日の放送は、先日亡くなった野球解説者・野村克也さんの特集。

様々なプロ野球チームで手腕を振るい、弱小チームでも優勝に導いてきたことで「野村再生工場」とも言われていました。

その野村さんと、ゆかりある人物として紹介されたのが、元プロ野球選手・G.G.佐藤さん。

佐藤さんは、野村さんの奥さんである野村沙知代さんの、運営していた中学野球チームの出身でした。

沙知代さんは中学生野球チームで、叱って褒める指導を徹底し、佐藤さんが言うには「中学の3年間が、高校より大学よりプロより、キツかった」よう。

ただ、その甲斐あってか、アメリカのマイナーリーグを経て、埼玉西武ライオンズに入団。

2008年には、北京オリンピックの日本代表に選ばれます。

ただ、佐藤さんには、北京オリンピックで苦い思い出が。

迎えた韓国戦、佐藤さんは左翼として試合に出場します。

しかしこの試合、佐藤さんは2つのエラーをしてしまい、試合に負けるきっかけとなってしまったのです。

さらに韓国戦の次、アメリカ戦でも出場しますが、ここでもエラーをしてしまい汚名挽回とはいかず。

結局、G.G.佐藤さんは「メダルを逃した」原因の人物として帰国後、マスコミから猛バッシングにあいました。

「爆報!THEフライデー」でも、北京オリンピックの話題に。

すると、同番組はここで「北京オリンピック」が原因で、佐藤さんは引退したと放送。

すると、

「佐藤さんが引退したの、『北京オリンピック』が原因じゃない」

「佐藤さんは野球から逃げてない。最後まで現役を貫いたし」

と、野村さんの特集だったにもかかわらず、G.G.佐藤さんの情報を正しく伝えるべきという意見で、ネットはあふれかえりました。

 

スポンサーリンク

G.G.佐藤、選手最高の成績は北京オリンピック後!

2014年まで現役を貫いたG.G.佐藤さん。

しかし、「爆報!THEフライデー」は北京オリンピックで猛バッシングを受けたことにより、成績が落ちていき引退に追い込まれたと、どうしても「北京オリンピックの影響」にしたいよう。

ただ、G.G.佐藤さんの選手として、最高の成績を収めたのは、北京オリンピックから翌年の、2009年でした。

この年は、月間MVPも受賞し、充実した1年間でした。

佐藤さんは猛バッシングを受けて、成績を落としたわけではありません。

むしろバッシングを受けたことで、練習に力が入り、最高の成績を収めたのです。

確かに、G.G.佐藤さんの名前を聞けば、北京オリンピックでの活躍を思い出すかもしれません。

ただ、そうだとしても、本人の努力を無にするようことは報じてはいけないと思います。

(文:有馬翔平)

コメント