SNSで最新の記事を受け取る

大谷亮平、『浅草苺座』の差し入れを紹介!『風呂敷もち』の開発者は俳優だった?

スポンサーリンク
俳優

2日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列)。

ゲストで出演した俳優・大谷亮平さんが、撮影現場に差し入れをするスイーツに注目が集まりました。

大谷さんが差し入れに持っていくスイーツとは、一体どのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

大谷亮平、オススメの絶品スイーツ!朝から大繁盛に!

2日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列)。

この日の放送は、レギュラーメンバーやゲストが自慢の差し入れを持ってきて、ナンバーワンを決める「差し入れグランプリ」。

出演したゲストが、次々と自慢の差し入れを持ってくる中、俳優・大谷亮平さんが持ってきた差し入れに注目が集まりました。

大谷さんが持ってきた差し入れは、浅草にある「浅草苺座」の「風呂敷もち」というもの。

これは大粒の苺をあんこで包んだ上から、さらにわらび餅で包んできな粉でコーティングしたスイーツでした。

大谷さんは撮影になると、ガッツリ昼食を食べることがないため、手軽につまめるものを好むそうで、その時に「風呂敷もち」に出会いました。

甘すぎないスイーツに、スタジオの出演者は大絶賛。

これには視聴者も、

「『風呂敷もち』、美味しそう」

「食べてみたい!」

と、興味津々。

「風呂敷もち」は、差し入れのために作ったもののようで、一般販売されていませんでした。

しかし、大谷さんに紹介されたことで2月7日まで1日100個限定で販売を決定しました。

そして、販売初日の2月3日。

「浅草苺座」には、開店前からたくさんの人が並び、「風呂敷もち」は開店から30分で売り切れてしまったようです。

 

スポンサーリンク

大谷亮平が好きな「風呂敷もち」!開発者は俳優だった?

大谷亮平さんが、差し入れに持っていくものとして紹介した「風呂敷もち」。

このスイーツを考えたのは、大谷さんとも共演した過去のある俳優・柏原収史さんでした。

柏原さんといえば、たくさんの映画やドラマで、欠かせない名脇役として活躍されている方。

そんな柏原さんがなぜ、絶品スイーツを考えるに至ったのでしょうか。

2011年に発生した東日本大震災、その復興支援で宮城県を訪れていた柏原さんは、宮城県山元町の苺の美味しさに感激します。

その感動をたくさんの人に伝えようと、昨年オープンしたのが「浅草苺座」です。

そして柏原さんは、「浅草苺座」のオーナーとして、商品開発をしているとのこと。

大谷さん、柏原さんも惚れ込んだスイーツ。

一度でいいから、味わってみたいものです。

(文:有馬翔平)