SNSで最新の記事を受け取る

プロボクサー・井上尚弥、衝撃の『減量方法』を告白!1ヶ月で『8kgダウン』も夢じゃない?

スポンサーリンク
スポーツ選手

19日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列)。

プロボクサー・井上尚弥さんが出演し、過酷な減量を乗り超えた「ある方法」を紹介しました。

スタジオを驚かせた、その減量方法とは?

ad
スポンサーリンク

井上尚弥、驚きの減量方法を告白!これで1ヶ月で8kgダウン!

19日夜に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列)。

この日は、プロボクサー・井上尚弥さんが登場しました。

井上さんといえば、当時最速のプロ6戦目でWBC世界ライトフライ級王座を獲得。

さらには昨年、複数あるボクシングのトーナメントの中でも強者が集まる「World Boxing Super Series(WBSS)」で見事優勝を果たし、世界ランキング3位まで上昇させた日本ボクシング界、最強の選手です。

しかし、この日の放送は「言い訳したい出来事」特集。

リングに上がれば最強の井上さんも、普段は天然な部分があり、過去には試合前の会見で持っていかなければならない「王者のベルト」を忘れるという出来事があったようです。

「渡すつもりがないから、ベルトは置いてきた」と、言い訳をしましたが、関係者には怒られてしまったようです。

スタジオは、井上さんの意外な素顔に爆笑が巻き起こりましたが、話題は井上さんの減量方法へ。

ボクサーにとって1番キツイ、と言われる減量。

「乾いたタオルをさらに絞る」と表現されるように、極限状態まで自分を追い込みます。

井上さんも減量は1番キツイようで、1ヶ月で8kgの体重を減らしたことがあるそう。

その減量中、特に苦しいのが空腹状態で眠れなくなることだと、井上さんは語ります。

しかし、井上さんにはその空腹状態を忘れさせる「ある方法」がありました。

それが、「大食いの動画を観る」ことです。

井上さんは、フードファイター、そしてYouTuberとして活躍する「MAX鈴木」さんの大量に食事する動画を観ることで、満腹感を得て減量を乗り超えてきました。

ここで不思議に思うことが、「空腹状態で食べ物を見ると、逆に空腹を感じてしまうのではないか」ということ。

しかし、井上さんが明かしたこの減量方法にSNSでは、「私も同じ方法で減量した」とダイエットを成功した人や、病気でやむを得ず食事できなかった人が複数書き込んでいました。

番組ではその後、MAX鈴木さんがスタジオに登場し、「3人前の牛丼を何分で食べきれるか」という大食いにその場でチャレンジ。

豪快に牛丼をかきこんでいくMAX鈴木さん。

確かに、その食べっぷりを見ていると、何とも言えない満足感がこみ上げてきます。

食べ物の動画をたくさん観るダイエットが将来、これをきっかけに生まれるのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)