文:Quick Timez 編集部

唐田えりか、復帰後の激太りした姿に「ゆりやんかと思った」「不快なのに復帰とか無理」と厳しい声

俳優・女優
スポンサーリンク

画像:EPA=時事

・11月26日、女優の唐田えりかさんが映画『の方へ、流れる』の初日舞台挨拶に登場。

・3年ぶりの長編映画出演ということで注目が集まっています。

・また、久しぶりの公の場ということで、激太りした姿にも注目が集まっています。

スポンサーリンク

唐田えりかのプロフィール

名前:唐田えりか(からた えりか)

生年月日:1997年9月19日

出身:千葉県

身長:167cm

血液型:A型

趣味:音楽鑑賞、カメラ

特技:書道

唐田えりか、女優。2014年9月に韓国のアイドルグループ少女時代のミュージックビデオ「DIVINE(Story ver.)」に出演し、芸能活動を始める。

2015年7月ドラマ「恋仲」に出演し、女優デビュー。

その後芸能人としての活動歴が少ない中、新人約30人ほどのオーディシッョンで選ばれソニー損保のイメージキャラクターに抜擢された。

もともとはモデル志望で、演技には自身が無くオーディシッョンにも落ち続けて仕事を辞めたいと事務所に伝えていた頃があったが、直後に2018年公開映画「寝ても覚めても」のオーディションでヒロイン役に抜擢。

同作は「第71回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に出品され、唐田自身は「第42回山路ふみ子映画賞」で新人女優賞、「第40回ヨコハマ映画祭」で最優秀新人賞を受賞した。

この時苦手意識を克服し、「できないから辞めたい」から「できないから知りたい」と演技に前向きになれるようになった。

好きな食べ物はみそラーメンやにんにく臭いラーメンで、雑誌「mini」で唐田が毎月東京のラーメン屋を訪れる姿が見れる。

スポンサーリンク

唐田えりか「お芝居を通して大切な方たちに恩返ししたい」

11月26日公開の映画『の方へ、流れる』の初日舞台挨拶にて、主演の唐田えりかさんが撮影時の心境を明かしました。

唐田さんにとっては俳優の東出昌大さんとの不倫騒動以来、3年ぶりの長編映画出演ということで緊張した面持ちで登場。司会者から挨拶を促されると、客席からは「おかえりー!」「復活おめでとう! 」といった声が上がり、ホッとした表情を見せ「はい!ありがとうございます!」とにかみました。

「里美役を演じさせていただきました唐田えりかです。本日はお足元が悪い中お越しいただきありがとうございます。今日という日を迎えられたことを本当に感謝しています。」と感極って涙する場面も。

「オーディションで里美役が決まったと言うことで、長編映画への出演は約3年ぶりということになりましたがどういった思いで撮影に望まれたのでしょうか。」という司会者からの質問に対し、唐田さんは「あの、すみませんちょっと緊張しているのですが…」と言葉を詰まらせながらも「私はこの期間自分というものに向き合っていました。自分のダメなところや弱いところ、自分と向き合っている中で、向き合ってくださる方たち、そして、映画を見てくださる方たちがいて、支えていただいているから今ここに立てていると本当に感謝しています。」と涙ぐみながら心境を吐露。

また、「自分にとってお芝居というものがいつからか本当に大切なものになっていて、お芝居を通して大切な方たちに恩返しがしたいですし、届けられるものがあると信じています。そういう思いがある中で、このオーディションの話をいただいて、ぜひ参加したいと思い、受けた作品でした。」と芝居へと作品への想いを明かしました。

唐田えりか、激役作りで10kg増量し復帰も「無理」の声

現在、Netflixのドラマ「極悪女王」を撮影中の唐田さん。

プロレスラー役ということで、役作りのために10kg増量し撮影に臨んでいるとのこと。

ネット上では、

《ゆりやんレトリィバァかと思った》

《めっちゃ太った》

《え?唐田えりかってあの東出昌大と不倫した人?こんな顔だっけ?めっちゃ太ってて2度見したわ》

《唐田えりかとゆりやんレトリィバァってそっくりじゃない?唐田は太ったし、ゆりやんは痩せたからほぼ同一人物》

《ゆりやんがまた痩せたのかと》

《唐田えりかがテレビ出てたら絶対チャンネル変えるし、映画なんかどんなに内容に興味あっても絶対観ない。不倫女が視界に入るなんて無理》

《唐田えりかどの層に需要あんの?キモすぎて無理》

《いや唐田えりか名前聞くだけで不快なのに復帰とか無理…》

などの唐田さんの体型や輪郭の変化に関するコメントや、復帰への批判の声などが多数挙がっています。

撮影期間中は体型を維持しなければならないだけに同時並行できる仕事に制限が出るのではと心配の声もあがっています。

未だ不倫騒動に関しての風当たりが強い唐田さんですが、役作りなど演技に関してはプロ根性を見せてくれる女優さんなだけに、過去の過ちは不倫を反省しつつも、また女優として少しずつ活躍の場を広げていってくれるといいですね。

(文:Quick Timez 編集部)