文:Quick Timez 編集部

『エルピス』は実在の事件「足利事件」がモデル?永山瑛太のサプライズ出演に真犯人説が浮上

永山瑛太TV番組
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

・7日に放送された「エルピス-希望、あるいは災い-」(フジテレビ系列)の第3話。

・俳優の永山瑛太さんがサプライズ出演しました。

・物語のキーパーソンとなり得る人物なのか、永山さんが今後、同ドラマにどのような絡み方をするのか気になる視聴者からの書き込みで、ネットは大いに盛り上がりを見せました。

スポンサーリンク

『エルピス』謎の男に永山瑛太がサプライズ出演してネット戦慄「真犯人は瑛太なん?」

7日に放送された「エルピス-希望、あるいは災い-」(フジテレビ系列)の第3話。

俳優の永山瑛太さんがサプライズ出演しました。

同ドラマは、女優の長澤まさみさんが演じる架空のテレビ局「大洋テレビ」のアナウンサー・浅川恵那が、若手ディレクターとともに2000年代初頭に起きた10代女性の連続殺人事件の冤罪疑惑を調査し、様々な困難にぶつかる物語。

この日の放送では、当時、事件に携わっていた刑事や遺族を追跡しました。

この日の放送回の終盤、現場周辺にあるカフェを出た浅川は、制服姿の女子学生を追いかける怪しいシーンに。

暗く怪しい場所に辿り着き、雑貨屋で本を読む一人の男性に声をかけます。

サングラスに長髪姿の男性は振り向き、浅川から当時の事件を覚えているかと聞かれ「藪から棒に…ずいぶん物騒な話題ですね」とぶっきらぼうに答え、続けて「その話をするなら…僕はまずこの店を閉めなければ。シャッターを下ろして鍵を閉め、電気を消し、そしてあなたが聞くというのなら…話しますよ」とつぶやくなど、穏やかでない雰囲気。

「あなたがお知りになりたいことは、言語なんていう目の粗い道具だけですくいきれるものではありませんよ」、「そもそも…あなた誰なんです?」と浅川に顔を近づけて威圧します。

突然現れた「挑発姿の謎の男」にファンは衝撃。

ダークな雰囲気はあるものの、人気俳優の永山瑛太さんで、クレジットにもその名前は出なかったことから視聴者は大騒ぎです。

過去分の放送でも、被害者とみられる女子中学生が「若いロン毛の男」と歩いているのを見たという情報があることから、永山さん演じる「謎の男」の風貌が酷似しており、ネットには

《永山瑛太さんサプライズ出演でびっくり!迫力ありました。 続きが気になるラスト》

《ゾクゾク。もう、まるで映画》

《知らなかったから大興奮》

《瑛太がどこで絡んでくるのか非常に気になる》

《エルピスの真犯人は瑛太なん?》

など、永山さん演じる役が、今後の物語にどのような影響を与えるのか気になりつつも、その不気味な姿にヒヤリとした感覚を覚えたという書き込みが寄せられています。

スポンサーリンク

『エルピス』は実在の事件「足利事件」がモデル!?元ネタに「謎の男」はいる?

今回の瑛太さんの出演に驚いた第3話ですが、ネットには「一瞬瑛太が真犯人?と思ってしまう位、怪しさ満載だったけど、、それはないな、うん。ミスリードであって、そんな単純な着地をするようなドラマではない」など、「謎の男」犯人説への書き込みが白熱。

同ドラマで扱っている冤罪事件は、エンディングの参考文献のクレジットにも出てくるように「北関東連続幼女誘拐殺人事件(足利事件)」がモデルだといわれています。

足利事件は、1990年に発生した事件で、現在にわたるまで真犯人が検挙されない未解決事件。

同ドラマと同じように目撃証言(「漫画のルパンみたいだった」など)があり、実際にこの目撃証言を裏付けるように、この不審な男と被害者の女児が歩いていった先で被害者女児の遺体が発見されています。

永山さんというと、NHK大河ドラマに出演した実績のほか、主演作も数多くあり多くの受賞歴を誇るイケメン俳優の一人です。

翌週放送回では一切登場シーンがなく、それがまた視聴者の想像を掻き立てているよう。

永山さんの出演は単なる友情出演なのか、はたまた冤罪事件の鍵を握る重要人物なのか、いずれにしてもクライマックスに向けてスピードは全開になってきました。

(文:Quick Timez編集部)