伊藤淳史、『スポーツ王』への出演をめぐり木梨憲武から直々にオファーが来たと明かす

文:Quick Timez
タレント
スポンサーリンク

10日、都内で行われた「WORK DESIGN AWARD 2022」の授賞式にタレントのとんねるず・木梨憲武さんと伊藤淳史さんが登壇。

さまざまなトークを繰り広げました。

スポンサーリンク

木梨憲武&伊藤淳史、人生のターニングポイントとは?

10日、とんねるずの木梨憲武さんと伊藤淳史さんが、都内で行われた株式会社 SmartHRが主催する「WORK DESIGN AWARD 2022」の授賞式に登壇。

「働き方」や「働きやすさ」について考えるきっかけづくりなどについて、トークを繰り広げました。

「WORK DESIGN AWARD」は、日本の「働きやすさ」を前に進めることを目的に、働き方をアップデートした取り組みを社会に 広く伝えていくためのアワード。

今年2回目の開催となる同アワードは、より多様な取り組みにスポットをあてたいと考え、出版物・映像作品・広告・SNS の発信など世 の中に対して働き方にまつわる新たな気づきや前向きな影響を与えた作品・メッセージが対象の『コンテンツ部門』、働き方や取り 組みにより世の中に新たな気づきや前向きな影響を与えた人物が対象の『パーソン部門』を新たに開設しています。

授賞式に先立ち、各審査員からのコメントや総評などが行われ、記念品の授与はこの日スペシャルプレゼンターとして登壇をした木梨さん、伊藤さんらが務めました。

その後のトークセッションにて、人生のターニングポイントについて聞かれた木梨さん。

かつて「とんねるずのみなさんのおかげです」(フジテレビ系列)で人気だったパロディドラマ「仮面ライダー」について言及。

ターニングポイントは仮面ノリダーとチビノリダーだと明かした上で、「淳史が5歳の頃から番組に出てくれたり、そこから子供だったんですけど、今はこうやって一緒に遊んでますから…。これは本当にターニングポイントで、いまだに仲間として同じような感覚です。」と語っていました。

また、「仮面ノリダーをやったことによって、仮面ライダーさんから本当の映画に出てくれというオファーもいただきまして。やはりターニングポイントかなと思います。」とも。

一方の伊藤さんも自身が5歳の時に「チビノリダー」として出演をしていた「仮面ノリダー」をめぐり「一切覚えていない」とした上で、「唐沢寿明さんが発起人となり行った震災復興のチャリティーイベントで被災地を回った際に、地元の人たちから掛けられる声の98%くらいがチビノリダーだったんですよ。なので、勝手に人生の中でターニングポイントになったんだなと思っています。」と、明かしていました。

スポンサーリンク

伊藤淳史「スポーツ王」への出演は木梨憲武から直々にオファー

その後来年の目標について聞かれた2人。

それぞれ具体的な回答をしていく中、伊藤さんは「年に1回か2回だけ、ノリさんから直電がかかってくるんですよ。今年のお正月と去年のお正月に『スポーツ王』に出させていただいて、それって直のオファーなんですよ。」と、木梨さんも出演するお正月の特番「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」(テレビ朝日系列)への出演オファーが直々に来ていたことを明かしました。

「これはですね。グイグイいけるところはいかなと自分の事務所のマネージャーさんから相手方のマネージャーさんを通して、伊藤淳史までに話が回ってくるのにすごい時間かかるんですよ。」と、事務所間の出演オファーをめぐる手続きの煩雑さが面倒だと木梨さん。

「もうカット全部。知り合いだったら直に電話して…。スピードがもう待てなくなってきて。」と、テンポ良く仕事がしたいと語っていました。

伊藤さんはこれを受け、「それで仕事できるのは、日本の芸能界ではノリさんしかいないんですよ。直で自分にオファーなんて絶対来ないし…。」と現状を吐露。

「今後はいつ電話来てもいいように待ちたいと思います」と目標を語っていました。

(文:Quick Timez編集部)